さらに便利で安全でパワフルなモデルに進化! VW「ゴルフ トゥーラン」の仕様変更を発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年4月16日、コンパクトミニバン「Golf Touran(ゴルフ トゥーラン)」の仕様変更をおこなうと発表した。

利便性、パワートレイン、インフォテイメント、安全性を強化

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、同社のコンパクトミニバン「Golf Touran(ゴルフ トゥーラン)」の仕様変更をおこない、2021年4月16日に販売を開始する。

フォルクスワーゲン 新型「ゴルフ トゥーラン」

 ゴルフ トゥーランは2016年に導入されたコンパクトミニバンで、「MQB」モジュールを採用することにより、これまで上級モデルに採用されていた先進安全装備を数多く搭載し、高い安全性や快適性などが高く評価されたモデルである。

 今回の仕様変更では、パワートレイン・インフォテイメント・安全性のすべてにおいて更なる強化が図られた。

 パワートレインにおいては、従来の1.4リッターTSIエンジンに代わり、あらたに1.5リッターTSIエンジンを採用。ディーゼルエンジンには従来の6速DSGに代わり、あらたに7速DSGを採用することで、いままで以上にスムーズなシフトチェンジによるドライビングを可能とした。

 そして、インフォテイメントにおいては、常時オンライン接続となる最新世代のインフォテイメントシステム「Ready 2 Discover」および「Discover Pro」を採用。最新のオンラインサービス「We Connect」の提供が可能となった。

 さらにゴルフ トゥーランでは初めてデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」をコンフォートライン以上のグレードに標準設定し、視認性が高められている。

 また、エントリーグレードのTSIトレンドラインにレーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」を、TSIトレンドラインとTSI コンフォートラインにリアビューカメラを標準設定し、全方位の先進安全装備をすべてのグレードで標準設定するなど、安全性がより強化された。

 なお、新型 ゴルフ トゥーランの価格(消費税込)は、321万9000円から451万9000円となる。

 おもな仕様変更は以下のとおりだ。

●全グレード共通
・TSIモデル:1.5リッターTSIエンジンを採用
・TDIモデル:7速DSGを採用
・最新世代の新型インフォテイメントシステム「Ready 2 Discover」を標準装備
・モバイルオンラインサービス「We Connect/We Connect Plus」を設定
・エンブレムデザイン、フォントの意匠変更
・新色ドルフィングレーメタリック、キングスレッドメタリックを追加設定

●TSI トレンドラインのみ
・レーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」を標準装備
・リアビューカメラ「Rear Assist/リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」を標準装備
・ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付)を標準装備

●TSI コンフォートラインのみ
・リアビューカメラ「Rear Assist」を標準装備
・デジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」を標準装備

●TDI コンフォートライン/TSI ハイライン/TDI ハイライン/TSI R-ライン
・デジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」を標準装備

Gallery:【画像】さらに進化したフォルクスワーゲンのミニバン「Golf Touran」を画像で見る(5枚)