伝説のそば店「港屋」も出店! ブランド発信拠点「メルセデス ミー羽田エアポート」がリニューアル

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月16日、2015年に羽田空港第2ターミナルにオープンしたブランド情報発信拠点「メルセデス ミー 東京羽田」をリニューアルし、同年4月27日より名称新たに「メルセデス ミー 羽田エアポート」として営業を開始する。

港屋の大人気メニュー「冷たい肉そば」を食べることができる

 メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2021年4月16日、2015年に羽田空港第2ターミナルにオープンしたブランド情報発信拠点「メルセデス ミー 東京羽田」をリニューアルし、同年4月27日より名称新たに「メルセデス ミー 羽田エアポート」として営業を開始する。

メルセデス ミー羽田エアポートに出店するThe Minatoya Loungeで食べることができる「冷たい肉そば」(950円。スモールは750円)

 MBJは2011年に、カフェやレストランを中心としたブランド情報発信拠点「メルセデスミー(Mercedes me)」を開設以来、ブランドの訴求・浸透に取り組んできたという。メルセデス ミー 羽田エアポートもこの一環で、国内外問わず観光の拠点であり、多くの人が往来する羽田空港第2ターミナルに出店することで、新たな顧客にブランドに親しんでもらえる拠点を目指すという。

 施設内には常時3台の最新車両を展示。さらにリニューアル前から人気の「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」のほか、新たに京都を拠点とするデニッシュ専門店「グランマーブル」のデニッシュ、またライフスタイルのさまざまな場面で利用できる「メルセデス・ベンツ コレクション」を多数そろえ、友人や家族へのお土産やプレゼントなどにピッタリの商品を販売する。

 そしてこの度、かつて東京・虎ノ門に日本一行列ができると称された伝説のそば店「港屋」とメルセデス・ベンツが戦略的パートナーシップのもと、メルセデス ミー 羽田エアポートに「The Minatoya Lounge」を新たに開業する。

 The Minatoya Loungeは虎ノ門にあった港屋、大手町にある港屋2、六本木にあるメルセデス ミー 東京のMinatoya3に次ぐ店舗。メニューは港屋で多くの人に愛された「冷たい肉そば」(950円。small:750円 消費税込、以下同)、「Mercedes AMG GT Atatakai−Nikusoba(温かい肉そば)」(950円。small:750円)のほか、羽田エアポート限定の港屋オリジナル「メンチカツ」(250円)、「メンチカツカレー」(900円)も展開する。

 さらに愛車のメルセデス・キー(鍵)を持っていくと、ウエルカムドリンク1杯(ソフトドリンク/コーヒー/アルコール)を無料にて用意してくれるという。

 施設内にある「POPUP SPACE」では他企業によるプロモーションやコラボレーション活動をおこなうスペースとして活用していく。

●メルセデス ミー 羽田エアポート概要

・名称:メルセデス ミー 羽田エアポート
・住所:大田区羽田空港3−4−2 第2ターミナル マーケットプレイス地下1階
・営業時間
ラウンジ&ギャラリースペース 9:00から20:00(短縮営業10:00から20:00)
The Minatoya Lounge 8:30から21:30 L.o. 21:00(短縮営業8:30から19:00 L.o. 18:30)
Krispy Kreme Doughnuts 8:00から21:00(短縮営業 10:00から18:00)

Gallery:羽田空港に着いたら行きたい! 「メルセデス ミー羽田エアポート」を画像で見る(10枚)