ニッチな左ハンドル需要を狙い撃ち! キャデラック「CT5」の○と✕

キャデラックがヤングユーザーに向けたスポーティでスタイリッシュなセダンの第2世代「CT5」は、日本市場で受け入れられるのか、モータージャーナリストの山崎元裕氏が都内を試乗して占う。

話題になった「CTS」のフルモデルチェンジ版が「CT5」だ

 21世紀を迎えたキャデラックにとって、大きな問題となっていたのは、カスタマーの年齢層が平均で60歳を超えていたことだった。このままでは、カスタマーのキャデラック離れが将来的に加速度的な勢いで進むことは間違いなく、この最悪の事態を避けるべくキャデラックはヤングユーザーにも支持される、スポーティでスタイリッシュなモデルの開発へと乗り出した。

美しく先鋭的なLEDバーチカルライトが特徴的なキャデラック「CT5」

 2002年に発表されたRWDのスポーツセダン「CTS」などは、その象徴的な例といえた。

 CTS、あるいはコルベット用のエンジンをそのエンジンルームに収めた「CTS-V」など、キャデラックのスポーツ路線は続いたが、残念ながらそれらはヨーロッパでは大きな成功を収めるには至らなかった。

 ヨーロッパにはすでに、CTS並みの運動性能を持つサルーンは数多く存在し、そのいずれもが長い歴史と熱狂的なファンを持っていたからだ。

 もちろんキャデラックも次なる一手を用意していた。それが新開発のRWDプラットフォーム「アルファ」で、これまでより大幅に軽量なそのプラットフォームは、新型CTSやさらにコンパクトな「ATS」に採用された。

 そのフルモデルチェンジ版が、「CT5」であり、またFFプラットフォームを使ったキャデラック初となるスモールSUVの「XT4」というわけだ。

 そのCT5に試乗することができた。CT5の日本仕様は、「スポーツ」と「プラチナム」の2モデルで、車両価格(消費税込)はそれぞれ620万円と560万円となる。

Gallery:【画像】欲しい人には貴重な左ハンドルセダンとは(20枚)