BMW X5/X6に625馬力のMモデルを追加 「X5 M」「X6 M」日本上陸

ビー・エム・ダブリューは、レーシングカーの走行性能と日常の実用性を両立するスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)/クーペ(SAC)のMハイパフォーマンスモデル、新型「X5 Mコンペティション」「X6 Mコンペティション」を2020年3月12日より受注を開始、4月以降に順次納車を開始する。

625馬力/750Nmの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載

 ビー・エム・ダブリューは、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)/クーペ(SAC)」のMハイパフォーマンスモデル、「X5 Mコンペティション」「X6 Mコンペティション」を2020年3月12日より受注を開始した。

新型「X6 M」。X6 Mは右ハンドル仕様のほか左ハンドル仕様も選択できる。X5 Mは右ハンドル仕様のみ

 BMW新型X5 M/X6 Mは、究極のスポーツマシンを手がけるBMW M社が、サーキット走行を想定して開発したMハイパフォーマンスモデルで、今回導入されるモデルはよりアグレッシブなスポーツ走行を想定したコンペティションモデルとなる。

 車両価格はX5 Mが1859万円(消費税込。以下同様)、X6 Mは1899万円となる。X5 Mは右ハンドル仕様のみで、X6 Mは右/左ハンドル仕様が選択できる。

 新型X5 M/X6 Mには、BMW新型「M8」にも搭載されている4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力625馬力/最大トルク750Nmを発生、8速Mステップトロニックトランスミッション(AT)と組み合わされる。

 2基のターボチャージャーへ排気ガスを供給するエグゾーストマニフォールドはクロスバンク型を採用することで、最大限に排気エネルギーを活用しながら素早いレスポンスを可能とし、直噴システムの最高噴射圧力を350barまで高めることで、極めて微細な霧状の燃料噴射を実現、高効率な燃焼を可能にしている。

 高いレベルのサーキット走行を考慮して、オイルパンのフロント側に小型オイルチャンバーを搭載、横方向や前後方向の負荷がかかる状況下でも、必要に応じて小型チャンバーから追加でオイル供給を可能にする吸引システムを採用する。

 BMW M社が開発したインテリジェント4輪駆動システム「M xDrive」は、トルクをフロントとリアに可変的に振り分け、さらにアクティブMディファレンシャルの搭載により2つのリアホイール間のトルクを最適化し振り分ける。

 これによりあらゆる環境下の走行でもトラクションを最適化し、俊敏性や走行安定性を大幅に向上させると同時に、エンジンからのエネルギーを推進力としてほぼ無駄なく利用可能になっている。またM xDriveは後輪駆動のように正確かつ俊敏な操作特性を重視しており、必要なタイミングを見極めてフロントホイールに駆動力を供給する。
 
 ドライバーは必要に応じてフロントアクスルとリアアクスルの駆動力配分を設定することも可能で、初期設定の「4WD」モード、ほぼ後輪駆動に近い「4WD SPORT」モードが用意されている。

Gallery:X5/X6の「M」モデルはサーキット走行も得意 「X5 M」と「X6 M」を画像で見る(26枚)