コンチネンタルGTに待望のV8モデルがラインナップ

第3世代となるベントレー「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」に、パワフルなV8ガソリンエンジンを搭載した新バージョンが追加された。

W12モデルとは違うベクトルで魅了するV8モデルのコンチネンタルGT

 2018年に3代目と進化した「コンチネンタルGT」のクーペとコンバーチブルに、新世代のV型8気筒(V8)エンジンが搭載された。クーペの「コンチネンタルGT V8」は、2452万6800円(消費税8%込、以下同)、オープンモデルの「コンチネンタルGT V8 コンバーチブル」は、2687万400円の希望小売価格となり、日本でのデリバリーは2020年第2四半期を予定している。

クーペとコンバーチブル同時にV8モデルがラインナップ

 コンチネンタルGTとGTコンバーチブルは、W型12気筒(W12)エンジンを搭載して2018年に3代目に生まれ変わった。そして2019年に4リッターツインターボチャージャーのV8エンジンも搭載されることとなった。

 V8エンジンの内側にデュアル ツイン スクロール ターボチャージャーを配置し、最高出力550馬力、最大トルク770Nmを発揮。最高速度はともに318km/h、0−100km/h加速は、クーペが4.0秒、コンバーチブルが4.1秒だ。
 
 このV8エンジンは強大なパワーといったパフォーマンスだけでなく、特定の状況下で4気筒を休止することで、燃費向上にも貢献している。もちろん、4気筒になっても妥協のない上質な走りは担保されている。

 気筒休止はわずか20ミリ秒でシームレスにおこなわれ、ドライバーが気がつくこともなく、停車直前に作動するストップスタートテクノロジーも採用された。

「コンチネンタルGT V8」と「コンチネンタルGT V8 コンバーチブル」は、卓越したハンドリングを実現するために、中空で軽量タイプのアンチロールバーを前後に搭載。また、オプションで最先端のアダプティブシャシーも選択可能だ。V8モデルは、優れた重量配分によってW12モデルよりもよりワインディングロードを楽しむドライバーズカーといえるだろう。

新設計のネックウォーマーは、暖かさ・静かさともに先代より向上。電動ヘッドレストのまわりに快適なエアフローをもたらす

 エアサスペンションには3チャンバーエアスプリングが採用され、快適な乗り心地とダイナミックな走りが一段と向上した。ドライブモードの選択によって、スポーツ走行向きの硬めの設定から、贅沢なリムジンのような洗練された乗り心地まで、幅広い対応が可能だ。

 アクティブAWDシステムは、走行状況に応じて前後トルクを最適に配分するが、通常は可能な限り後輪駆動で走行し、効率のよいダイナミックな走りを実現。

 また、ドライバーへのフィードバックに優れた電動パワーアシストステアリング(EPAS)も搭載される。EPASは可変ラックレシオを採用し、車庫入れなどの大きな操舵角での応答性を高めて操縦性をアシストし、高速走行時では優れた安定性を確保。

 さらにアクティブ レーンアシストやトラフィックジャムアシスト、パークアシストなど、ドライバーアシストシステムも充実している。

「GT V8 コンバーチブル」専用に仕立てられたルーフは、50km/h以下でわずか19秒で開閉が可能だ。ファブリックルーフのカラーは7種類、伝統的な雰囲気のツイードも初めて登場する。ちなみにルーフライニングは8色から選択可能とのこと。

 W12モデルとの外観上の見分け方は、マフラーエンドがW12モデルのオーバルタイプではなく、クアッドエキゾーストパイプが採用されている点と、左右フロントフェンダーにさりげなくあしらわれたV8バッジの2点。エンブレムはレッドではなくブラックなのでご注意。

Gallery:【画像】どちらを選ぶか、クーペとコンバーチブルをじっくり見比べる画像はこちら(31枚)