25本限定のコラボ時計発売!! ベントレーとブライトリングに共通する思想とは?

ベントレーとブライトリングのパートナーシップを象徴する、25本限定の腕時計が発表された。コレクターズアイテム必至の「プレミエB21クロノグラフトゥールビヨン42ベントレーリミテッドエディション」とは。

ウィリー・ブライトリングもベントレーのドライバーだった

 ブライトリングとベントレーに共通する思想を知るには、ブライトリングの創設者であるレオン・ブライトリング氏の孫にあたるウィリー・ブライトリング氏を知る事が早道になるだろう。

シースルーのサファイアケースバックからは22Kのローターを備えた見事なムーヴメントを見ることが可能

 ウィリー・ブライトリング氏は、非常に熱心なベントレーのドライバーであった。そして彼は1934年に、2時と4時の方向にふたつのプッシャーを配したクロノグラフについての特許を申請。

 当時のクロノグラフにはプッシャーがひとつしかなく、クロノグラフをスタートしてストップした場合、必ずリセットする必要があったのだ。彼はそれを補うべく世界初のツープッシャーの腕時計クロノグラフの特許を申請したというわけである。

 さらにウィリー・ブライトリング氏は、技術に精通した大胆な人物であるとともに、時計を愛する人たちが優美さを求めていることも理解しており、1940年代にオリジナルのプレミエをデザインし、ブライトリング社において初めて実用性とスタイルを融合させた人物でもある。

 ウィリー氏は、「時計を身に着けることは、その人の完璧な趣味を表す紛うことなき刻印である」と語っている。

 このことは今日のブライトリングの時計にも引き継がれており、ベントレーのカスタマーのクルマに対する思いにも共通しているといっていいだろう。

* * *

ベントレーの会長兼CEOのエイドリアン・ホールマーク氏は次のようにコメントしている。

「この特別な時計は、私たちのパイオニア精神や熟練したクラフトマンシップ、卓越した技術を体現しています」

また、ブライトリングのCEOのジョージ・カーン氏は次のようにコメント。

「品質、性能、卓越したデザインという、両ブランドが共有する価値観を体現するこのエレガントなモデルを発表できることを誇りに思います」

 両社のパートナーシップは、2002年にベントレーがブライトリングに「コンチネンタルGT」のオンボードクロックを依頼したことから始まった。

 今回の特別なクロノグラフは、計器の在り方を変えたウィリー・ブライトリング氏と、自動車業界の先駆者であるベントレーへのオマージュとして、比類のないラグジュアリーさと品質へのこだわりを追求した1本として、語り継がれるモデルになることは間違いない。

Gallery:【画像】ベントレーとブライトリングのコラボウォッチとは(5枚)