真のホットハッチはどっち!? BMW「M135i xDrive」 VS ルノー「メガーヌ R.Sトロフィー」

300馬力程度の直列4気筒エンジンを搭載する欧州ホットハッチで、いま注目の2台を徹底検証。BMW「M135i xDrive」とルノー「メガーヌ R.Sトロフィー」は、どちらが本物志向のホットハッチだろうか。

M135i xDriveの4気筒ターボは、自然吸気のようなフィーリング

 BMWの「M135i xDrive」と、ルノーの「メガーヌ R.Sトロフィー」。日本マーケットに導入されている、いわゆるヨーロッパ産ホットハッチのなかで、もっとも気になる存在が、この両モデルといえるのではないだろうか。今回はこの2台が持つキャラクターを比較してみようと思う。

Mエアロダイナミクス・パッケージで、外観も明らかにアグレッシブなM135i xDrive

 まずはフルモデルチェンジによって、昨年夏にサード・ジェネレーションへと進化したBMW M135i xDriveからレポートを始めよう。BMWのベーシックラインを担う1シリーズは、さらに実用性の高いパッケージングを持つ2シリーズやMINIの存在により、日本ではややその存在感が薄まる傾向にある。

 それは現在の日本仕様のラインナップを見ても一目瞭然で、このM135i xDriveのほかに選択が可能なのは3タイプの118iのみ。プライスはM135i sDriveが630万円とラインアップ中では飛び抜けて高い。つまり、最初から高性能なホットハッチを作ることに妥協を許さない、そしてBMWというブランドに心酔するカスタマーを満足させるべく特別に開発されたモデルにほかならないのだ。一般的なハッチバックとはベクトルが異なる。

 さあ、それだけの価値を感じさせてもらおう。そう意気込んでドライバーズシートへと座ってみると、キャビンの景色から、これまでのBMWの基本デザインが変えられていないことに気づく。その質感も非常に高く、Mの称号を掲げるモデルらしくスポーティな仕上がりで、いわゆるマン・マシンの一体感はここからすでに表現されている。

 エンジンをスタートさせると、フロントからは先代モデルの3リッターの直列6気筒ではなく、2リッター直列4気筒にターボを装着したダウンサイジングターボのサウンドが耳に届いた。最高出力は306馬力と先代から20馬力ダウンしているが0-100km/h加速は4.8秒と0.1秒ほど向上している。

 ドライブをスタートする前に気になっていたのは、この最新のM135i xDriveが、FWDの駆動方式を採用したサード・ジェネレーションの1シリーズから派生したモデルであるということ。はたしてBMWは、FWDをベースに必要時には最適なトルクを後輪に送るというxDriveのシステムで、どれだけドライビング・ファン=走る楽しさを体感させてくれるのか。

 歴代のM3、とりわけ同じ直列4気筒エンジンを搭載し、ディメンジョンも大きく変わらない初代M3を知る者には、それもまた気になるところだろう。

 ドライブしてまず感心したのは、直列6気筒とも間違うかの如きエンジンのスムーズさだ。ターボもその存在感を強調するわけではなく、全体的には自然吸気エンジンのようなドライバーの感性にマッチしたパワーフィーリングが得られる。トップエンド付近でのレスポンスも実に見事だ。

もはや伝統ともいえるドライバーズオリエンテッドはコクピット

 組み合わせられる8速ATはマニュアル操作も可能で、そのシフトの速さもワインディングでは大きな魅力になる。サスペンションやステアリングの動きも、他車ではなかなか見られないほどにナチュラルなもの。

 このモデルではスポーツとノーマルのドライブ・モードが選択できるが、スポーツモードでも乗り心地には十分な快適さが感じられるし、逆にノーマルモードでもハンドリングは素直で安定した印象を崩さない。さすがはBMWの作といった印象だ。

Gallery:【画像】M135i xDriveとメガーヌR.S.トロフィーを見比べる(17枚)