BMW M史上最強の635馬力エンジン搭載! BMW「M5 CS」5台限定発売

ビー・エム・ダブリューは2021年4月9日、MハイパフォーマンスモデルであるBMW「M5」をベースに、現行モデルラインナップにおいてもっともパワフルなエンジンを搭載し、軽量化を追求した「M5 CS」を発表した。同年4月12日よりBMWオンラインストアにおいて、5台限定で販売をおこなう。納車は2021年秋ごろを予定している。

ベースの「M5コンペティション」に比べ約70kgの軽量化を実現

 ビー・エム・ダブリューは2021年4月9日、MハイパフォーマンスモデルであるBMW「M5」をベースに、現行モデルラインナップにおいてもっともパワフルなエンジンを搭載し、軽量化を追求した「M5 CS」を発表した。同年4月12日よりBMWオンラインストアにおいて、5台限定で販売をおこない、納車は2021年秋ごろを予定している。

BMW「M5 CS」。日本では5台限定となる

 M5 CSは、ベースモデルとなる「M5 Competition(M5コンペティション)」に、BMW M社によるCS専用チューン&スタイリングを採用した、世界限定1100台のモデルだ。

 サーキットでライバルを圧倒しながらも日常使いをも可能にしていて、4シーター&公道走行可能な認可モデルとしてM5最強のコンペティションモデルとなる。

 車両価格は2510万円(消費税込み)。すべて右ハンドル/8速AT仕様だ。

 M5 CSには、M5コンペティションの最高出力を10ps上回る、635psを発生する4.4リッターV型8気筒ツインパワーターボエンジンを搭載。これはMモデルの歴史のなかで、もっともパワフルなエンジンになる。

 ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッション(8速AT)と組み合わされ、駆動方式は4WD。0-100km/h加速は、ベースのM5コンペティションよりも0.3秒速い3.0秒というパフォーマンスを誇る。

 またM5 CSは、ベースのM5コンペティションよりも約70kgの軽量化を実現。専用のシャシチューニング、アクティブMディファレンシャルを一括して統合制御する「M xDrive」システムの採用により、サーキットにおいて並外れた性能を実現するという。

 M xDriveは、後輪駆動を重視した基本設定の可変式4輪駆動モード(4WD)から、純粋な後輪駆動設定(FR)へと、DSCの介入なしにクルマのハンドリング特性の段階的な変更を可能にしている。これにより、日常での実用性を損なうことなく、ハンドリングやダイナミクス、ドライビングプレジャーがドライバーに提供されるという。

 M5 CSは、M5コンペティションのシャシをベースに作られ、7mm低い車高と。M8グランクーペ用に開発されたショックアブソーバーを装備する。このダンパーはとくに高速道路走行時の乗り心地を高めることに加え、ホイール荷重の変動を抑えて、限界域でのハンドリングを向上させている。結果、日常仕様での運転のしやすさが維持されたまま、サーキットでの過酷な走行においても正確な応答性が得られている。

 またMカーボンセラミックブレーキを標準装備。これはM5コンペティションに標準装備のMコンパウンドブレーキよりも約23kg軽量で、バネ下重量と回転質量をさらに削減、ドライビングダイナミクスとサスペンションの快適性が向上している。

 エクステリアでは、ゴールド・ブロンズのアクセントとCFRP(炭素繊維強化樹脂)製のボディエレメントにより、M5コンペティションとは異なる雰囲気を醸し出している。

 キドニーグリルはゴールド・ブロンズに仕上げられ、グリル内には「M5 CS」バッジ、ドアシルプレートには照明付きの「M5 CS」バッジが備わっている。

 またエンジンフードは全体がCFRP製で、エアベントはカーボンファイバー模様で仕上げられる。さらにフロントエプロンのスプリッターやドアミラーキャップ、リアスポイラーおよびリアディフューザーもCFRP製で、軽量化を実現することにも役立っている。

 インテリアはフロントにCS専用のカーボンバケットシートを装着すると同時に、リアシートもCS専用の軽量2座独立シートを採用することで、大幅な軽量化を実現している。乗車定員は4名となる。

 M5 CSは全長5000mm×全幅1905mm×全高1475mm、ホイールベースは2980mmで、車両重量は1840kg。搭載エンジンは4.4リッターのV型8気筒ツインターボで、最高出力は635ps/6000rpm、最大トルクは750Nm/1800−5950rpmだ。

Gallery:日本では5台限定! 大パワー&軽量スポーツBMW「M5 CS」を画像で見る(22枚)