アストンマーティンが北海道・東北地域初出店! いまなぜ仙台にディーラーオープンするのか

アストンマーティンの正規ディーラー「アストンマーティン仙台」が、2021年4月3日にオープンした。どうしてこの時期に北日本に正規ディーラーをオープンしたのだろうか。

北日本の「DBX」購入検討者の心強い味方がオープン

 2021年4月3日、アストンマーティンは北海道・東北地域での初出店となる「アストンマーティン仙台」(宮城県仙台市泉区市名坂御釜⽥148−1)をオープンした。これで、東京、横浜、大阪、神戸、名古屋、広島、福岡と、関東より西に展開していたディーラー網に、ついに北日本地域が加わることになった。

「アストンマーティン仙台」は、東北自動車道泉インターチェンジからおよそ3kmという、県内だけでなく東北各県からのアクセスがよい場所に立地

 アストンマーティン仙台の敷地面積は1500平方メートル、ショールームは500平方メートルとなる。東北自動車道泉インターチェンジからおよそ3kmという、県内だけでなく東北各県からのアクセスがよい場所に立地している。

 また、ショールームは高級輸入車ディーラーが軒を連ねる幹線道路沿いにあり、東北地方でももっとも高級住宅が集中するエリアだ。

 営業時間は10時から19時までで、火曜日と水曜日が定休日となっている。

 アストンマーティン仙台の運営会社となる株式会社タジマモーターコーポレーション、代表取締役社⻑兼会⻑/CEOの⽥嶋伸博は、今回のショールームオープンに際して次のようにコメントした。

「英国伝統のクラフトマンシップが息づくスポーツカーをお届けするアストンマーティン仙台をオープンいたしました。東北地⽅でも、⼀年をとおしてそのパフォーマンスを楽しんでいただけるまったく新しいSUV、DBXのデビューに合わせ、アストンマーティン仙台をオープンできたことを⼤変嬉しく思います。

 広く北⽇本の皆さまへ、魅⼒ある商品とおもてなしをお届けし、アストンマーティンをとおして地域の復興とさらなる発展に貢献してまいります」

 また、アストンマーティンジャパンのオペレーションズディレクター、寺嶋正⼀氏は次のとおりコメントした。

「⻑らくお待たせしておりましたアストンマーティン仙台が、ようやく桜の開花と共に正式にオープンできる運びとなりました。

 北海道・東北6県をテリトリーとするアストンマーティン仙台はこれから、伝統ある英国スポーツカーのクラフトマンシップ、近い将来にご覧いただくハイパーカーの並外れたパフォーマンスを確信できる拠点となると同時に、皆様の⽇々のドライビングエクスペリエンスに寄り添える存在になることを期待しております」

* * *

 アストンマーティン初となるSUV「DBX」を販売する上で、かねてから雪国である北海道・東北エリアをカバーできる正規ディーラーが強く望まれていた経緯があった。アストンマーティン仙台のオープンは、DBXの購入を検討していたカスタマーの背中を押す心強い味方になってくれるだろう。

 オープニングキャンペーンとして、2021年5⽉31⽇までに成約した人には、スタッドレスタイヤ購⼊サポート、またはマーチャンダイズ10万円分のクーポンが進呈されるそうだ(詳細はアストンマーティン仙台まで要問い合わせ)。

Gallery:【画像】北日本のファン待望の「アストンマーティン仙台」オープン!(18枚)