アウディ「e-tron GT」「RS e-tron GT」日本上陸! 電動プレミアム4ドアグランツーリスモ

アウディジャパンは2021年4月6日、電気自動車(EV)のプレミアム4ドアグランツーリスモ「e-tron GT」および「RS e-tron GT」を発表した。日本での発売は2021年秋の予定だ。

5月末まで東京・表参道の「アウディ ハウス・オブ・プログレス東京」に展示

 アウディジャパンは2021年4月6日、電気自動車(EV)のプレミアム4ドアグランツーリスモ「e-tron GT quattro」および「RS e-tron GT」を発表した。日本での発売は2021年秋の予定だ。

 車両価格はe-tron GT quattroが1399万円(消費税込、以下同)、RS e-tron GTが1799万円になる。

アウディ「e-tron GTクワトロ」の走り

 e-tron GTは2020年2月にワールドプレミアされたモデルで、全長4990mm×全幅1965mm×全高1415mm(RS e-tron GTは1395mm)のワイド&ローのボディを持つEVだ。

 エアロダイナミクスを極限まで追求したボディラインは、Cd値(空気抵抗係数)0.24と非常に優れた空力性能を誇る。

 前後のアクセルに配置されたふたつの電気モーターのシステム最大出力は、e-tron GTが350kW(約476ps)、RS e-tron GTが440kW(約598ps)で、ローンチコントロール仕様時は390kW(約530ps)と475kW(約645ps)を発生。 最大トルクはそれぞれ640Nmと830Nmになる。

 この強烈なパフォーマンスを、完全に電子的に制御された四輪駆動システムであるエレクトリックquattro(クワトロ)が最大限に活かす。そのリアクション速度は30ミリ秒と、機械式クワトロの5倍の速さで反応するという。

 その結果、RS e-tron GTは、ローンチコントロールを使えば0-100km/h加速はわずか3.3 秒というパフォーマンスを誇る。

 また総容量93kWh(実際の使用容量は84kWh)のバッテリーはフロア下に配置しており、システム電圧は800Vで、日本の計測方法で 500km以上の航続距離を実現する。日本仕様の詳細は、国土交通省の認可取得後に発表するという。

 シャシでは、3チャンバー式エアサスペンション(RSに標準)や、オールホイールステアリング(4WS:オプション)が、スポーティなドライビングと快適な乗り心地を両立。タイヤ/ホイールは、e-tron GT quattro が19 インチ、RS e-tron GT が 20インチが標準で、20インチ/21インチホイールをオプション設定する。

 運転支援システムでは、アウディプレセンス・セーフティシステムを始め、アダプティブクルーズコントロール、サイドアシスト、リアクロストラフィックアシスト、ターンアシスト、エマージェンシーアシストなどを標準装備。

 また電子的に合成した「e-tronスポーツサウンド」は、法令で規定されている20km/h以下での走行時や駐車時の人工音に加え、アウディドライブセレクトの設定に応じて、クルマの車外および車内にサウンドを発生するユニークな装備だ(オプション装備予定)。
 
 e-tron GT は、200Vの普通充電 8kW まで、急速充電(CHAdeMO)では 150kWまで対応。Audi e-tron charge カードで、全国2万か所以上の e-Mobility Powerネットワーク(旧:NCS ネットワーク)の充電器で最初の一年間は無料で充電が可能となる。

アウディ「e-tron GTクワトロ」のインテリア

* * *

 そんな新型モデルであるe-tron GTは、4月7日から5月31日まで、東京都港区南青山にある次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo(アウディハウス オブ プログレス東京)」で一般公開される。

 ここは、アウディブランドとアウディモデルを、まったく新しい方法で体験することができる場所で、アウディの先進的な価値観を、最新のデジタルエクスペリエンスを通じて楽しむことができ、またサステイナブルで未来志向のテクノロジーを持った、他ブランドとのコラボレーションイベントも予定している。

 興味のある人は、表参道交差点から徒歩3分のところにあるアウディハウス オブ プログレス東京に足を運んでみてはいかがだろうか。住所は東京都港区南青山5丁目3-2だ。

Gallery:【画像】アウディの高性能EV「e-tron GT」「RS e-tron GT」を見る(31枚)