メルセデスの電気自動車第2弾「EQA」先行注文受付を開始! “ちょうどいい”サイズの電動コンパクトSUV

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月2日、EQCに続く純電気自動車(EV)第2弾となる「EQA」の発表記念特別仕様車「EQA 250 Edition1」の注文受付を、EQA特別サイトを経由し、全国の正規販売店ネットワークを通じて開始した。

車両価格は790万円で50台限定

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月2日、EQCに続く純電気自動車(EV)第2弾となる「EQA」の発表記念特別仕様車「EQA 250 Edition1」の注文受付を、EQA特別サイトを経由し、全国の正規販売店ネットワークを通じて開始した。

メルセデス・ベンツ「EQA 250 エディション1」の走り

 EQAは全長4463mm×全幅1834mm×全高1620mm、ホイールベースは2729mm(欧州仕様)と、サイズ的にはメルセデス・ベンツ「GLA」とほとんど変わらない大きさだ。後席は40:20:40の分割可倒式で、荷室容量は通常時340リッター、最大1320リッター、車両重量は2040kg(乾燥重量)になる。日本の道路環境下でも取り回しの良いサイズでありながら、SUVとしての日常の使い勝手も両立させたピュアEVだ。

 また一充電での航続可能距離は425kmを実現している。日本における発表や詳細仕様の公開は同年4月末を予定している。

 今回先行注文受付を開始した、EQA 250 Edition1は、EQAの発表を記念し、充実の専用装備を施した50台限定の特別仕様車だ。

 スポーティなAMGエクステリアを採用し、ポーラーホワイトの外装色に対して、ハイグロスブラックのアクセントの入ったフロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラーハウジング、ルーフレールが引き締まった印象を与える。

 繊細なデザインの20インチAMGマルチスポークアルミホイールは、Edition1専用にローズゴールドにペイントされる。またAピラーの下端部にはEdition1専用バッジが装備される。

 インテリアには、専用のナバグレー/サイバーカットブルーのレザーシートを採用。さらにドアパネル中央部にもナバグレーレザーを採用する。

 機能面においても、アジャスタブルダンピングシステム付きのスポーツサスペンション、パノラミックスライディングルーフ、MBUX ARナビゲーションなどが標準装備となっている。

 車両価格は790万円(消費税込)。右ハンドル仕様のみとなる。

* * *

 EQAは、2021年1月に世界初公開されたコンパクトSUVタイプの新型モデルで、メルセデス・ベンツのEVシリーズ「メルセデスEQ」モデルでもっともコンパクトなエントリーモデルという立ち位置になる。

 今回先行注文が開始された「EQA 250」は、190ps・375Nmを発生するモーターを搭載、フロントを駆動する。最高速度は160km/h、0-100km/h加速は8.9秒というパフォーマンスを誇る。搭載するリチウムイオンバッテリーは66.5kWhの容量を持つ。

Gallery:メルセデスの電動コンパクトSUV「EQA」を画像で見る(21枚)