VAGUE(ヴァーグ)

落ち着いたブルーとボルドーの2色展開

 FCAジャパンは、フィアット「500(チンクエチェント)」に、特別なボディカラーを採用するなどして上質感を高めた限定車フィアット「500 Eleganza(エレガンツァ)」を設定し、2021年4月10日より販売を開始する。

  • 200台限定で2021年4月10日より販売を開始するフィアット「500 Eleganza(エレガンツァ)」

 フィアット 500 エレガンツァは200台限定となり、車両価格(消費税込)は220万円である。ボディカラーは通常設定のないエピック ブルー(限定100台)とボルドー(同100台)の2色を用意。

 ベースとなったのは、日本国内ではカタログモデルとして設定のない「1.2ラウンジ」である。搭載されるエンジンは、69psの1.2リッター直列4気筒となり、上級モデル同等の充実した装備が組み合わされている。

 主な装備として、バイキセノンヘッドライト、クロームアクセント付の前後バンパー、スタイリッシュな15インチアルミホイールなどが挙げられる。特別なボディカラーにこれらの高輝度処理が施されたアクセサリーが映え、気品ある雰囲気を漂わせている。

 インテリアでは、エピック ブルーまたはボルドーのボディ同色インストルメントパネルを採用。内装のアイボリーとのコントラストも素晴らしく、明るさと上質感が融合した雰囲気に仕上がっている。

 また、ベースモデル同様にガラスルーフが装備され、開放感のある居住空間を実現。さらに、花粉フィルター付フルオートエアコンやBeatsオーディオシステム、リアパーキングセンサーなどの装備も充実している。

 車名の「エレガンツァ」は、イタリア語で「エレガント」を意味する単語。フィアット 500 エレガンツァは、まさしくエレガントな「上質」をキーワードとした限定車だ。愛らしい500のデザインに、上品な華やかさがプラスされた500 エレガンツァは、男女問わず誰にでも似合いそうだ。

フィアット・500 の中古車をさがす

Gallery【画像】大人エレガントなチンクエチェントとは?(8枚)

RECOMMEND