VAGUE(ヴァーグ)

かつて日本では「ヴィータ」の名前で人気のモデルだった

 現在はステランティス傘下のブランドとなったオペルが、日本市場への参入を発表したのは2020年2月。

 直後に新型コロナウイルス感染拡大があり、その影響で導入スケジュールは多少ずれたという情報もあるが、それでも2021年終わりまでには日本でオペルブランドを再展開する予定だという。

 その際、日本に導入される予定なのが、「コンボライフ」と「グランドライドX」、そして「コルサ」の3モデルだ。

  • オペルは2021年中に日本でブランド再展開を果たす予定だ。写真は日本導入予定のBセグメントハッチバック「コルサ」

 コンボライフは、スライドドアを備えるコンパクトなミニバンで、いま日本でも人気のプジョー「リフター」、およびシトロエン「ベルランゴ」の兄弟車種にあたる。2018年に誕生した現行モデルの現地価格は1万9995ユーロ(日本円で約260万円)からという。

 またグランドランドXは、いま世界的に人気のあるジャンルのCセグメントSUVだ。こちらの現地価格は2万3700ユーロ(約305万円)から。グランドランドXにはプラグインハイブリッド版も導入が予定されている。

 そしてもう1台、注目のモデルがコルサだ。オペルのグローバルモデルという立ち位置になるこのコンパクトハッチバックは、いったいどんなクルマなのだろうか。

* * *

 初代コルサは1982年、当時GMグループだったオペルから登場した。以来、現行型で6代目を数えるロングセラーモデルだ。

 日本では、1995年に2代目がはじめて正規輸入されている。当時商標の問題もあり、欧州名のコルサは使用できず「ヴィータ」という車名で販売された。まもなく日本展開される際も、日本市場ではこのヴィータ名を用いると予想される。

 ヴィータは、150万円台からという輸入車としては格安な設定や、5ナンバーの手ごろなサイズ感、またヤナセ取り扱いという安心感もあって、大ヒットモデルとなった。また当時の人気ドラマ「ビューティフルライフ」で、女優の常盤貴子さんが演じる主人公が愛車にしていたことも手伝って、販売台数が伸びたという逸話も残っている。

 日本に正規輸入されたのは、2001年に登場した3代目まで。そして2006年5月にオペルブランドが日本撤退している。

 その後2006年に登場した4代目、2014年に登場した5代目と続き、現行型コルサは2019年のフランクフルトモーターショー(IAA)で世界初公開された6代目となる。

Nextサイズ的には「マツダ2」や「アクア」とライバルのコンパクトカー
Gallery2021年に日本上陸! 独ブランド「オペル」のラインナップを見る(32枚)

page

RECOMMEND