VAGUE(ヴァーグ)

芸術家のアイデアスケッチから誕生したスペチアーレ

 COVID-19の影響によりオンライン限定とされた「OPEN ROAD FEBRUARY」オークションは、同社の北米本社および欧州本社の双方から出品がおこなわれ、そのアイテム数は自動車だけでも108台に及んだ。

 今回VAGUEが注目したのは、2021年2月の「PARIS」オークションに出品がアナウンスされつつも、諸般の事情でキャンセルとなったものが、スライド的にこちらで出展された1台だ。

 ランチア「デルタHFインテグラーレ」をベースに、カロッツェリア・ザガートがアルミニウム製ボディを組み合わせた2座席クーペ、ランチア「ハイエナ・ザガート」である。

●1994 ランチア「ハイエナ・ザガート」

  • ランチア「ハイエナ・ザガート」のベースとなったのは、ランチア「デルタHFインテグラーレ」だ(C)2020 RM Sothebys

 ランチア・ハイエナ・ザガートは、1980−1990年代ランチアの最高傑作とも称される「デルタHFインテグラーレ」がベースだ。その起源は、イタリアでは非常に名を知られていた芸術家ナーニ・テデスキ(Nani Tedeschi)の描いた、躍動する猛獣ハイエナがクーペに「モーフィング」してゆくかのごときスケッチに端を発したものとされる。

 このスケッチに感銘を受けた、オランダのランチア正規代理店「ルッソ・サービス・オランド(Lusso Service Holland)」の経営者ポール・コートは、アンドレア・ザガート会長との協議の席をセッティング。テデスキ氏のスケッチに示された獰猛なスタイルのクーペを、ザガートのマネージメントのもとに具現化することになったという。

 こうしてザガート主導のプロジェクトとなったハイエナは、日本では「エヴォルツィオーネ」のペットネームも添えられた当時最新のデルタHFインテグラーレから、そのプラットフォームを流用。全長4mにも満たないコンパクトなボディは、アルミニウムに一部樹脂製パーツも併用したものであった。

 そのスタイリングは1950年代末のフィアット「アバルト750GTザガート」を思わせる、イタリア製ベルリネッタの魅力を体現する一方で、インテリアはダッシュパネルからコンソール、ドアのインナーパネルに至るまで現代的な総カーボンファイバーで構成され、オリジナルのデルタに較べ150kgダイエットしていると謳われていた。

 また、エンジンについても点火系およびインジェクション、バルブタイミング、フューエルプレッシャー、ターボのブースト圧を変更などにより、スタンダードでも250ps、顧客の要望によっては300psまでチューンが可能とされ、本格的なライトウエイトスポーツを目指した。

  • インテリアはダッシュパネルからコンソール、ドアのインナーパネルに至るまで現代的な総カーボンファイバーとなっている(C)2020 RM Sothebys

 ハイエナ・ザガートは1992年1月の「ブリュッセル・モーターショー」にてデビュー。一説によると、ザガートではアルファロメオES30系「SZ/RZ」に次ぐビッグプロジェクトとなることを期待して、ランチアとともに500台の生産を可能とする体制構築に務めていたとされる。

 しかし、ランチアが属するフィアット・グループの支援が期待していた規模のものとはならなかったことから、生産計画は大幅に縮小。結果としてワールドプレミア時のリリースでは「ザガート生誕75周年を記念して75台の製作予定」と発表された。

 さらに不運なことに、インテリアを構成するカーボンファイバーの製造過程にもトラブルが発生したことから、結局24台がラインアウトしたに留まったといわれる。

 ただし、同時代のV8フェラーリにも匹敵するプライスが敬遠されてしまったのか、オーダーは予想以上に少なく、24台で断念せざるを得なかったのが実情とする見方もあるようだ。

 ちなみにわが国においても、当時ザガートの日本総代理店を名乗り、日本輸入車組合(JAIA)にも所属していた「ザガート・ジャパン」が1580万円の正札で販売。3台のハイエナが正規輸入されたといわれている。

Next希少な“ヴェルデ・ザガート”のハイエナ、約1920万円で落札
Gallery【画像】カルトなザガート「ハイエナ」とは(40枚)

page

RECOMMEND