F1セーフティカーの公認レプリカ! アストンマーティン新型「ヴァンテージF1エディション」は最強モデルだ

2021年シーズンのフォーミュラ1世界選手権のオフィシャル・セーフティカーに選ばれた「ヴァンテージ」の市販公道モデルが発表された。ヴァンテージ史上最強といわれる「ヴァンテージF1エディション」の中身とは。

「ヴァンテージ」史上最強モデル誕生

 2021年3月22日、アストンマーティンは新型「ヴァンテージF1エディション」を発表した。

 ヴァンテージF1エディションは、トビアス・ムアースがアストンマーティンCEOに就任して、彼の意向を反映した最初のモデルとなる。

アストンマーティン「ヴァンテージ」史上、最強モデルとなる「ヴァンテージF1エディション」

 新型ヴァンテージF1エディションは、ヴァンテージラインナップの頂点に君臨するモデルとなり、フォーミュラ1世界選手権への復帰に刺激を受け、F1開幕戦のバーレーンGPでデビューするフォーミュラ1オフィシャル・セーフティカーのヴァンテージに採用されたエンジニアリングが直接フィードバックされている。

 フォーミュラ1オフィシャル・セーフティカーにトビアス・ムアースが設定した要件とは、F1サーキットでセーフティカーとしての役割を果たすことができるよう、オンロードでの快適性を損なうことなく、パフォーマンスを大幅に強化してラップタイムを短縮することであった。とくに、レース専用タイヤを装着しなくても、そのパフォーマンスを発揮できることが重要視された。

 これらの目標を達成した後、ムアースは、オフィシャル・セーフティカーで開発したエンジニアリングを量産車へと導入して、ヴァンテージF1エディションを新たに開発するように指示。その結果、ヴァンテージ・フォーミュラ1オフィシャル・セーフティカーのレプリカモデルとして、公道走行可能な史上もっともスポーティなヴァンテージが誕生したのである。

 ヴァンテージF1エディション クーペ(ロードスター)のパフォーマンスは次のとおりだ。

・0−100km/h加速:3.6秒(3.7秒)
・最高速度:314km/h(305km/h)
・燃費(WLTP):8.6km/L(8.6km/L)

* * *

 アストンマーティンCEOのトビアス・ムアースは、ヴァンテージF1エディションについて次のようにコメントしている。

「パフォーマンスはすべてのアストンマーティンの中心的要素ですが、F1の名前を冠する以上、真に優れたクルマでなければなりません。

 ヴァンテージは、アストンマーティン・ラインナップのなかではとくにスポーティなキャラクターに焦点を絞ったスポーツカーですが、フォーミュラ1オフィシャル・セーフティカーとしての重責を担うため、さらにパワフルで俊敏、さらにレスポンシブでエキサイティングなクルマにする必要がありました。

 そしてもちろん、サーキットでより速く走れなければなりません。私は、パフォーマンスの向上は、レース専用タイヤを装着することによって達成するのではなく、クルマのダイナミクスを真に改善することによってもたらされるべきだと主張し、エンジニアリング・チームに厳しい目標を課しました。

 このクルマを見れば、その目標が達成されたことがお分かりいただけると思います。ヴァンテージF1エディションは、もっとも眼識のあるドライバーに訴求するだけでなく、アストンマーティンの歴史のなかでもっともエキサイティングな瞬間を表現したニューモデルでもあります」

Gallery:【画像】最強のアストン「ヴァンテージ」とは(11枚)