VAGUE(ヴァーグ)

ノーマルですでに傑作モデルである「S63カブリオレ」をカスタマイズ!

 2016年、ラグジュアリーの伝統を継承したともいえるメルセデス・ベンツ「Sクラス・カブリオレ」が復活した時の感動は、個人的には今でも忘れることのできない記憶だ。

 Sクラスにカブリオレが復活したのは、実に44年ぶりのことであった。その優美なデザインは、発表会のために来日したエクステリア・デザインのマネージャー、アヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏をして、「ほぼ半世紀に一度の傑作、デビューした瞬間にコレクターズアイテムになる」と断言させるほどに魅力的なものであった。

  • ブラバスが手がけたメルセデスAMG「S63カブリオレ」は、ラグジュアリーな佇まいにまとめられている

 ラグジュアリーの極みともいえるSクラス・カブリオレを、メルセデス・チューニングのトップ・ブランド、ブラバスがチューニングしてみせた。

 硬派でスポーティなモデルを作り出すことでは、すでに世界がその実力を認めるブラバスだが、はたしてSクラス・カブリオレという素材には、どのような方向性で挑んだのだろうか。

 今回のチューニングで、大きな役割を果たしているのは、ハノーバーに本社を構えるFostla.de社だった。

 同社はラッピングの世界ではドイツを代表するスペシャリストで、今回もSクラス・カブリオレを、見事なダークグリーン系のボディカラーに変身させることに成功している。

 つまりカスタマーは、自分の好みのボディカラー(たとえそれが純正色として用意されていなくても)を探さなくても、彼らのテクニックによって、完全にリクエストどおりのカラーによる1台を入手することが可能になるのだ。

 ちなみにブラバスとFostla.deの両社は、現在お互いに提携関係を結んでおり、ブラバスからラッピングを依頼することも、逆にFostla.deからブラバスにチューニングのオーダーを出すこともできるようになっている。

Nextカスタムポイントは、重厚なホイールにあり
Gallery【画像】ブラバスが手がけたメルセデスAMG「S63カブリオレ」とは(12枚)

page

RECOMMEND