ランボ「ウラカンEVO RWD」を大胆カスタム! ノビテックのコンプリートカーとは?

スーパーカーの総合チューナーとも呼ぶべきノビテックが、「ウラカンEVO RWD」をベースとしたコンプリートカーを発表した。ノビテックが手がけたチューニングの内容とは。

エアロダイナミクスと冷却に主眼を置いたチューニング

 取扱うモデルの多さから、もはや総合チューナーと表現してもよいドイツのチューナー「ノビテック」。

 今回発表されたのは、ランボルギーニの最新モデルともいえる、「ウラカンEVO RWD」をベースとしたコンプリートカーだ。

●冷却に24金をふんだんに使用

ノビテックが、「ウラカンEVO RWD」をベースとしたコンプリートカーを手がけた

 ウラカンEVO RWDは、4WDモデルよりも33kgも軽いという特性と、最適な前後重量配分を実現したことで、スーパーカー市場でも非常に高い人気を博している。

 はたしてこの素材をベースに、ノビテックはどのようなモデルを仕上げてくるのだろうか。

 EVO RWDの最大の魅力は、スポーティなハンドリングにある。これはレーストラックで魅力的なラップタイムを刻むには欠かせないものだ。

 それと同時に最適化されたエアロダイナミクスが、高速域において抜群の安定性を保証してくれる。

 今回ノビテックが注目したのもこの2点にある。ストックの状態で610psのパワースペックを誇る5.2リッターV型10気筒エンジンそのものには改良の手を加えず、吸排気やエンジンルーム内の冷却にまずチューニングの主眼を置いているのが大きな特徴となる。

 エグゾーストシステムは、ノビテック・オリジナルの軽量かつ高い耐熱性を誇るインコネル製で、さらに放熱性を高めるために24Kのファインゴールドをこのエグゾーストに、そしてエンジンベイに張り付けることも可能とのことだ。

 そのサウンドは、自然吸気エンジンらしい迫力のある乾いた音質に仕上がっている。

Gallery:【画像】ノビテックが手がけた「ウラカン」のディテールチェック!(11枚)