2021年もコロナで中止 メルセデスにとってのジュネーブショーとは

例年3月にスイス・ジュネーブで開催されるモーターショーがジュネーブショーだ。世界5大モーターショーのひとつとされ、初開催は1905年と、100年以上の歴史を持つモーターショーだが、2020年の昨年、そして2021年の今年と、新型コロナウイルス感染拡大による影響で中止となった。ジュネーブショーとはどんな重要性があったのか。メルセデス・ベンツからリリースが届いたので見ていこう。

50年前の1961年、「220SEクーペ」がジュネーブで世界初公開

 独メルセデス・ベンツは2021年3月16日、過去ジュネーブショーで世界初公開した歴史的なモデルについてリリースを発表した。

1961年のジュネーブショーで世界初公開されたW111型220SEクーペ

 ジュネーブショーは、毎年3月にスイス・ジュネーブにあるコンベンションセンター「Palexpo(パレクスポ)」で開催される国際モーターショーだ。

 初開催されたのは、いまから100年以上前の1905年。これが欧州で最初に開催された本格的なモーターショーで、1904年4月29日に当時のスイス自動車クラブ(ACS)が、1200平方メートルの敷地で開催したのが始まりだ。いまでは世界5大モーターショーのひとつとされている。

 そんな歴史と伝統のあるジュネーブショーも、新型コロナウイルス感染拡大による影響で2020年、そして2021年と2年連続して開催が中止された。

 リゾート地であるジュネーブで開催される国際モーターショーということもあり、各自動車メーカーは高級車やスーパースポーツカーなどをワールドプレミアするのが、他の地域のモーターショーとは異なる特徴となっている。

 メルセデス・ベンツにとってもジュネーブショーは特別な位置づけだったという。過去ジュネーブショーで世界初公開されたモデルを見ていこう。

●1961:220SEクーペ(W111型)

 いまから50年前の1961年、メルセデス・ベンツの歴史のなかでもっともエレガントなクーペのひとつがジュネーブショーでお披露目された。この2ドアモデルは同年秋に発表されたカブリオレとともに、およそ11年にわたって生産された。

1961年のジュネーブショーで世界初公開されたW111型220SEクーペ

 220SEクーペは「テールフィン」と呼ばれたサルーンをベースにしており、同じくW111というモデルシリーズ名が与えられた。ただし、クーペのボディはサルーンに比べて80mm低いため、ラジエターグリルとフロントライトユニットだけが引き継がれたという。

 クーペとカブリオレは、現在でもマニア垂涎のモデルであり、とくにV8エンジンを搭載した後期型はメルセデス・ベンツのクラシックカーのなかでも人気の高いモデルとなっている。

●1991:Sクラス(W140型)

 1991年のジュネーブショーで登場した高級サルーンで、Sクラス名になって3代目のモデルだ。

1991年のジュネーブショーで世界初公開されたW140型Sクラス。写真は600SEL

 安全性や快適性、持続可能性など、数々の革新的な技術が盛り込まれている。乗り心地は先代のモデルシリーズ126よりも大幅に改善されていた。

 メルセデス・ベンツ初のV12エンジンを搭載した600SEと600SELは、408psの最高出力を発揮。1995年のマイナーチェンジでは、140シリーズにESPを、1996年にはブレーキアシストシステム(BAS)を初めて搭載。このモデルは1998年9月まで生産され、現在ではネオ・クラシックカーとして高い人気を誇っている。

 2021年からは、ドイツで歴史的文化財に分類され、歴史的車両を意味する「H」登録プレートを取得することができるようになった。

Gallery:過去のジュネーブで世界初公開されたメルセデスの名車を画像で見る(19枚)