アウディ新型「RSQ3」は マルチな才能を持つ痛快なホットSUV【海外試乗】

アウディの最コンパクトSUV「Q3」「Q3スポーツバック」の最強モデル「RSQ3」「RSQ3スポーツバック」がヨーロッパで登場! そんなホットバージョンの乗り味はどうなのか。モータージャーナリスト河口まなぶがレポートする。

2020年秋 日本導入予定の2代目新型「Q3」の最上位モデル

 アウディ「Q3」は、アウディのSUV「Qシリーズ」のなかのもっとも小さいコンパクトSUVだ。2011年に初代が登場して以来、CセグメントのプレミアムコンパクトSUVとして、日本だけでなく世界中で人気を博している。

 2代目となる新型Q3は、2018年に欧州で発表された。そしてその後同モデルのクーペ版であるQ3スポーツバックが2019年に登場している。

 しかし、この新型Q3は日本には未導入で、2020年の後半に上陸が予定されている。

アウディ「RSQ3」の走り。オンロードでの静粛性も高い

 そんな新型Q3シリーズが日本に上陸する前に、アウディは最強モデルを追加した。それが今回試乗した「RSQ3」「RSQ3スポーツバック」というモデルだ。

 しかも今回は、このRSQ3を欧州のウインターテストの本場、スウェーデンのアルヴィッツヤウルで試す機会を得た。

 ここは、ストックホルムから飛行機でおよそ1時間北上した、北極圏の手前に位置する場所。世界中の自動車メーカーやサプライヤーがウインターテストをおこなう場所でもある。

 大小さまざまな湖が点在し、冬は気温がマイナス20度に達する場所であるため、湖のすべてが凍りつき、その上に広大なテストコースを作ることができる。それだけに冬の季節は多くの自動車関係者がここでテストをおこなうわけだ。そんな場所でRSQ3は我々を待ち構えていたのだった。

 初日は午後にアルヴィッツヤウルに到着し、そこから一般道を約200km試乗した。この日の相棒はRSQ3。通常ボディのモデルだ。

 RSQ3の成り立ちは、フォルクスワーゲングループの最量販アーキテクチャであるMQBを用いたもの。

 ライバル的に、真横で比較できるモデルは存在していない。

 メルセデス・ベンツでいえば「GLA」と「GLC」の間くらいの車格であり、BMWでいえば「X1」と「X3」の間に位置するという。とはいえこのRSQ3の場合は、メルセデスAMG「GLA45」あたりと比べるのが良さそうなスペックといえるだろう。

 ボディはノーマルのQ3よりも10mm拡大されており、車高が10mm低められているのは専用のサスペンションを備えるためである。

 アウディのRSモデルには、ホットなパワーユニットが搭載されるのがお決まりだが、このRSQ3にはお馴染みの2.5リッター直列5気筒直噴ターボが与えられる。

 2リッターから2.5リッター部門で、9年連続インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得しているこの名機は、長い歴史と高い実績を持つが、年を追うごとに改良されて常に最新の成り立ちとスペックを手にしている。今回も軽量化が図られると同時に高出力化がなされており、最高出力は400馬力、最大トルクは480Nmを発生する。

アウディ伝統の2.5リッター直5ターボエンジンは400馬力/480Nmを発生する

 これを7速のSトロニックと呼ばれるデュアルクラッチトランスミッションを介して、アウディ独自のAWDシステムであるクワトロによってパワーとトルクを路面に伝える。クワトロは前輪駆動をベースにするオンデマンドタイプだ。

 前後ともに4リンクの形式となるサスペンションは電子制御可変ダンピングシステムを備えており、ドライブセレクトによってキャラクターを変えることができる。このRSQ3では、オート/コンフォート/ダイナミック/インディビィジュアルの4つのモードを備えており、さらにステアリングスポークの右側にあるRSボタンでも、即座にダイナミックな走りのキャラクターに変更が可能だ。

 そしてタイヤ&ホイールは、20インチサイズを履き、オプションで21インチが用意される。今回試乗車は20インチのミシュランX-ICE NORTH4というウインタータイヤを履いていた。

Gallery:アウディ最小SUVのホットモデル! 新型「RSQ3」「RSQ3スポーツバック」を画像で見る(32枚)