VAGUE(ヴァーグ)

最高出力は530ps、0-100km/h加速は4秒のグランクーペ

 独BMWは2021年3月17日、BMWグループ年次総会を開催し、その席上でBMWの新型電気自動車(EV)「i4」が世界初公開された。

  • BMWの電動4ドアグランクーペ、新型「i4」

 i4は、BMW iブランド初となる完全電動の4ドアグランクーペモデルだ。BMW Mパフォーマンスモデルを含め2021年中にまずは欧州市場に導入されるという。

 i4は80kWhの高電圧バッテリーを採用し、WLTPモードで最大590kmの一充電走行可能距離を誇るフルEV。最大390kW(約530ps)の最高出力を発揮し、0-100km/h加速は約4秒というパフォーマンスを誇る。

 また、第5世代となるeDriveシステムを採用。この最新のeDriveシステムはモーターやトランスミッションなどをひとつにまとめたモジュラーシステムで、電動SUVのBMW「iX3」などにも採用されるものだ。

 Dセグメントセダン、およびクーペのプレミアム市場ではBMW「3シリーズ」および「4シリーズ」がベンチマークとなっているが、EVに関してはこの「i4」がその役割を担うことになる。

 BMW AGの取締役会のメンバーであるブランド・販売担当のPieter Nota氏は「スポーティなルックス、クラス最高のドライビングダイナミクス、ゼロエミッションを備えたBMW i4は真のBMW車です。これにより、BMWブランドの心臓は完全に電気になりました」と述べている。

Gallery【画像】初の電動4ドアグランクーペ世界初公開! BMW「i4」を見る(36枚)

RECOMMEND