日産やVW,ルノーにプジョー! なぜブランドロゴを新しく変更? その理由とは

2021年2月、プジョーは新しいブランドロゴを発表した。従来の立体的なライオンロゴから、フラットな盾型ロゴに大きく変更されたのが特徴だ。じつは2020年から2021年にかけて、多くの自動車ブランドが新しいロゴに変更している。こうした流行はどこから来るのか。ロゴを変更するメリットとはなんだろうか。

電動化への舵切りと無関係ではない

 自動車ブランドの顔ともいえるのが「ロゴ」だ。

 メルセデス・ベンツといえば「スリーポインテッドスター」、フォルクスワーゲンなら「VとW」の組み合わせのように、そのブランドの印象とロゴの関係は深く、切っても切り離せないものだ。

プジョーの現行ロゴ(左)と新ロゴ(右)。11年ぶりのロゴ変更だ

 しかし、2020年から2021年にかけて、そのブランドのロゴを変更する自動車メーカーが相次いだ。

 日本でいえば、2020年6月の新型EV「アリア」の発表にあわせて、日産が新しいブランドのロゴが発表されている。

 欧州ブランドでは、BMWが2020年3月にWEBコミュニケーション限定とはいえ、青と白のプロペラをイメージさせるブランドのロゴを変更。同年6月からは、フォルクスワーゲンも新しいロゴの使用をスタートさせている。

 また、2021年1月にはゼネラル・モータース(GM)もロゴを変更。これはなんと約60年ぶりとなるから驚くばかりだ。さらに2月にはプジョーもライオンのロゴを新しいものとしている。また3月にルノーもロゴを変更した。

 振り返れば、わずか1年ほどの間に、BMWや日産、フォルクスワーゲン、GM、プジョーが揃ってブランドのロゴを変更しているのだ。

2021年1月、なんと60年ぶりに変更された「GM」の新ロゴ

 このロゴ変更のタイミングは、各社それぞれの理由が挙げられる。

 フォルクスワーゲンは、2019年のフランクフルトモーターショーで、すでにロゴの変更を予告していた。日産は、ゴーン氏逮捕などという経営陣のゴタゴタの負のイメージを一新させる狙いがあったのだろう。

 また、プジョーのPSAグループは、2021年にFCAと合弁し、「ステランティス」になったばかり。ブランドのイメージを新しくするのに、ちょうどよいタイミングだといえる。

 また、このところ世界の自動車メーカーが一気に電動化に舵を切っている。GMの新しいロゴは、Mの部分が電気のプラグをイメージさせるというように、今回、ロゴの変更をおこなったブランドは、どれも電動化に熱心なところばかり。

 そうした電動化への方向転換も、ロゴ変更を促した理由のひとつだろう。

Gallery:BMWやプジョー ブランドロゴ変更の歴史を画像で見る(42枚)