VAGUE(ヴァーグ)

4輪ゲレンデヴァーゲンの最高峰

 新型コロナウイルスの影響によりオンライン限定とされた「OPEN ROAD FEBRUALY」オークションは、同社の北米本社および欧州本社の双方から出品がおこなわれ、そのアイテム数は自動車だけでも108台に及んだ。

 そのなかで今回VAGUEが注目したのは、日本を含む全世界で大人気のクロスカントリーカー、メルセデス・ベンツの「ゲレンデヴァーゲン」こと「Gクラス」のなかでも、とくにエクストリームな「G500 4×4スクエアード」である。

「4×4²」と書いて「フォー・バイ・フォー・スクエアード」と読むこのモデル、RMサザビーズの公式WEBカタログ上においても「メルセデス・ベンツのスタンダードGヴァーゲンでは充分に目立つことできないとお考えの方にも、このG500スクエアードならば確実に群衆から目立つことができると保証します」と麗々しく謳われた、まさに特別なゲレンデヴァーゲンなのだ。

●2017 メルセデス・ベンツ「G500 4×4スクエアード」

  • 日本国内では2015年2月から同年5月末までの受注のみが限定で受け付けられ、新車価格は3510万円だったメルセデス・ベンツ「G500 4×4スクエアード」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

 2015年2月にデビューしたメルセデス・ベンツ「G500 4×4スクエアード」は、その前年にあたる2014年に発表された6輪モデル「G63 AMG 6×6」に続くスーパーオフロードヴィークルである。

 同じメルセデスでも「UNIMOG(ウニモグ)」に匹敵するほどの威容を誇る「AMG 6×6」では、さすがにオーバースペック。そこでもう少しだけ、実用に振ったモデルを求めるリクエストに応じて開発されたといわれている。

 その実体は、G63 AMG 6×6の4輪バージョンというべきモデルだった。

 フロント/センター/リアにロックも可能な3つの機械式ディファレンシャルを持つ「ポータルアクスル(ハブリダクション機構)」をG63 AMG 6×6から継承したことによって、フロア下の突起物をおおむね取り除いたことと、325/55-22という巨大なタイヤを採用したことによって、最低地上高を450mm(スタンダードG500は210mm)まで大幅アップ。

 オフロードで障害物を乗り越えられる性能を大幅に高めている。また渡河性能は1000mmと、スタンダード版G500に比べて400mmアップした。

 エクステリアは「モンスター」そのものともいうべきG63 AMG 6×6と比べれば若干穏当なものとなったとはいえ、そのサイズは「メルセデスAMG」ではなく「メルセデス・ベンツ」の初代ゲレンデヴァーゲンとしては史上最大。

 スタンダード版G500より全高で270mm、全幅も240mm拡大され、周囲を威圧するかのような威容を誇る。

 パワーユニットに選ばれたのは、このモデルのデビュー時にはAMG専用だったツインターボチャージャー付きアルミニウム合金製ブロックのV型8気筒エンジンを搭載。

 クロスカントリー用にトルク重視のディチューンが施されてはいたものの、422psのパワーをマークし、7速オートマチックのトランスミッションが組み合わされた。

 日本国内では2015年2月から同年5月末までの受注のみが限定で受け付けられ、新車価格は3510万円という「メルセデス・ベンツ」ブランドのGクラスでは例を見ない、史上最高額モデルとなったのである。

Next新車当時3510万円だった「Gクラス」の売り出し価格は?
Gallery【画像】乗降しづらそうな車高の「Gクラス」とは(20枚)

page

RECOMMEND