VAGUE(ヴァーグ)

「911」のフロントにエンジンを搭載するのはありか!?

 カスタムカーのジャンルには、多種多様なものがある。そのひとつとして上げられるのが、ホットロッドだ。

●1995 ベントレー/ポルシェ「ターボ 2シーター スペシャル」

  • リアにエンジンは搭載されていないが、もっともポルシェらしさが残っている(C)Bonhams 2001-2021

 アメリカ生まれのこの文化は、フォード「モデルT」などのクラシックカーのボディをベースに、強力なエンジンを搭載し、サスペンション形式を変更。さらには軽量化もおこない、ルーフはチョップドトップ、つまりピラーを短縮して屋根を低くする、というカスタムをおこなうというスタイルが基本となっている。

 カリフォルニア半島を舞台におこなわれる、バハ1000に出場した、フォルクスワーゲン・ビートルをベースとしたバハバグも、ホットロッドといっていいクルマのひとつだ。

 ローライダーやマッスルカーと並び、ホットロッドはアメリカ生まれといいつつ、世界で楽しまれているカスタムのひとつとなっている。

 今回紹介するこのポルシェも、そんなホットロッド仕様車とでもいおうか。

 製作したのは、フランス・リヨンに本拠を構えるダントン・アート・カスタムのアレクサンダー・ダントン氏だ。

 ダントン氏はフェラーリやランボルギーニなど、エキゾチックカーをベースとしたホットロッドの製作で、ヨーロッパで知られている人物である。

 このポルシェは、1971年モデルの「911T」、つまりタルガトップをベースとして製作されたものである。元はタルガトップだが、それをさらにチョップドトップ化しているため、アクリル製に交換されたフロントウインドウは、ごく小さいものとなっている。

 搭載されているエンジンは、ベントレー「ミュルザンヌ ターボ」で使われていた、V型8気筒6.75リッターエンジンをフロントに搭載。

 写真を見た限りでいうと、機械式燃料噴射時代のものではないかと思われる。出力は当時、ロールスロイスやベントレーは数値を公表していなかったため不明。

 そういえば、かつてロールス・ロイスのある発表会に参加したとき、前方に座っていた若い記者が、ロールス・ロイスのスタッフに対して、最高出力と最大トルクの数値を質問したことがあった。

 そのとき、自分の斜め前に座られていた、いまは亡き小林彰太郎氏が小さい声で「そんなこと訊くもんじゃないよ」とつぶやかれていたのを思い出した。

 当時、ロールス・ロイスやベントレーは、意訳だが「顧客が思い通りに走るために必要なだけのパワーを備えています」といういいかたをしていた。であるにも関わらず、数値を訊くというのは野暮、ということだったのだろう。自戒も含めて、胸に刻んでおこう。

NextベントレーV8を搭載したポルシェ「911」の正体は?
Gallery【画像】このクルマは、ポルシェかベントレーか? 写真でチェック!(12枚)

page

RECOMMEND