VAGUE(ヴァーグ)

GT500クラスでの2チーム供給は2010年シーズン以来11年ぶり

 住友ゴムは2021年3月5日、国内最高峰のレースのひとつである「SUPER GT(スーパーGT)」にDUNLOP(ダンロップ)としてサポートを強化、GT500クラスでは2チームにタイヤを供給、GT300クラスにおいても新たに1チームに供給を開始し、両クラス合わせて6チーム7台をサポートすると発表した。

  • 2021年シーズンよりダンロップタイヤを使用する「TEAM Red Bull MUGEN」のHonda NSX-GT #16  (c)Sho Tamura/Red Bull Content Pool

 スーパーGTは2021年シーズン、4月10日の岡山国際サーキットを皮切りに全8戦で開催される予定だ。
 
 ダンロップのGT500クラスへのタイヤ供給は、15年以上継続してサポートしている「Modulo Nakajima Racing」に加え、2021シーズンは新たに「Team Red Bull MUGEN」のHONDA NSX-GTが加わり、2チーム2台に供給する。これによりテストやレースにおける評価データを増やし、開発スピードを加速させることで優勝を狙うという。

 ダンロップがGT500クラスの複数チームにタイヤを供給するのは、2010年以来のことだ。

 GT300クラスでは「GAINER」「R&D SPORT」「K-tunes Racing」に加え、2021シーズンから「LM corsa」と「GAINER」の追加1台を合わせた4チーム5台に供給する。GT300クラスでの5台供給は、2006年以来15年ぶりとのことだ。

 これまで同クラスのダンロップタイヤ使用チームは安定した上位争いを展開してきたが、サポート層を厚くすることで、さらなる結果に繋げていくとコメントしている。

●GT500 DUNLOP使用チーム

チーム:Modulo Nakajima Racing
・マシン:Honda NSX-GT(64号車)・ドライバー:伊沢拓也/大津弘樹

チーム:TEAM Red Bull MUGEN
・マシン:HONDA NSX-GT(16号車)・ドライバー:笹原右京/大湯都史樹

●GT300 DUNLOP使用チーム

チーム:GAINER
・マシン:NISSAN GT-R NISMO GT3(11号車)・ドライバー:平中克幸/安田裕信
・マシン:NISSAN GT-R NISMO GT3(10号車)・ドライバー:星野一樹/石川京侍

チーム:R&D SPORT
・マシン:SUBARU BRZ GT300(61号車)・ドライバー:井口卓人/山内英輝

チーム:K-tunes Racing
・マシン:LEXUS RC F GT-3(96号車)・ドライバー:新田守男/坂口晴南

チーム:LM corsa
・マシン:TOYOTA GR Supra GT(60号車)・ドライバー:吉本大樹/河野駿佑

Gallery【画像】スーパーGT「ダンロップ」装着マシンを見る(11枚)

RECOMMEND