VAGUE(ヴァーグ)

タイカンのシューティングブレイク版?

 2021年3月5日よりポルシェジャパンは、「タイカン」を多目的に使えるように仕立てた「タイカン クロスツーリスモ」、「タイカン 4S クロスツーリスモ」および「タイカン ターボ クロスツーリスモ」の予約受注を開始した。

  • オフロードでも使える「タイカン クロスツーリスモ」

 タイカン クロスツーリスモは、タイカンのスポーツサルーンと同様に、800Vアーキテクチャーによる革新的なエレクトリックドライブを採用。

 さらに、4WDとアダプティブエアサスペンションを備えた新しいハイテクシャシが、オフロードでも妥協のないダイナミクスを実現している。

 クロスツーリスモのヘッドルームは、後席乗員のために47mm高くなり、1200リッターを超える積載量を誇り、大型テールゲートから積み込みが可能な真のオールラウンダーである。

 ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは、ワールドプレミアにおいて次のようにコメントしている。

「ポルシェは2019年、最初のフル電動スポーツカーの市場投入とともに重要なメッセージを発信しました。私達は持続可能なモビリティのパイオニアを自認しており、2025年までにポルシェが提供するすべての新車の半数が電気自動車、またはエレクトリックドライブを搭載するプラグインハイブリッド車になると考えます。

 2020年には、ヨーロッパで販売したすべての車両の3分の1にエレクトリックパワートレインが搭載されていました。未来はE-モビリティのものです。私たちは、タイカンクロスツーリスモによって、この方向へとさらに大きな一歩を踏み出します」

 では、日本に導入されるタイカン クロスツーリスモの仕様と車両価格はどのようになっているのであろうか。

Nextオールラウンダーとなったタイカンとは
Gallery【画像】アウトドアシーンで活躍しそうな「タイカン クロスツーリスモ」とは(13枚)

page

RECOMMEND