VAGUE(ヴァーグ)

輸入車の2021年2月度は前年同月に比べて4.4%の減少

 日本自動車輸入組合(JAIA)は2021年3月4日、同年2月度の輸入車新規登録台数速報を発表した。これによると、2月度における外国メーカー車の輸入車新規登録台数は1万9843台となり、前年同月(2万755台)と比べ4.4%の減少となった。

  • 2021年2月の輸入車新規登録台数は前年同月比マイナス3.8%の3万6122台だった

 また1月からの2か月累計は3万6122台で、前年同期(3万7554台)と比べ3.8%の減少となっている。

 昨年2020年はコロナ禍による景気後退のため、年間の新規登録台数は29万9439台と、2019年と比べ14.5%の減少となった。

 最初に緊急事態宣言が発令されたのは2020年4月7日だったため、今回比較の対象となる2020年2月度は、新型コロナによる影響を受ける前だ。それにもかかわらず、前年同月、および前年同期の数字がマイナスとなっていることは、まだ景気の回復が進んでいない、ということになる。

 2021年1月7日から緊急事態宣言を再発令し、1都3県では期限を再延長、いまなお発令中だ。今後の輸入車新規登録台数がどのように変化するのか注目だ。

 2月単月の外国メーカー車名別輸入車新規登録台数は以下のとおり。

・メルセデス・ベンツ 4300台(前年同月比91.6%)
・BMW 3094台(同113.6%)
・VW 2244台(同57.8%)
・アウディ 1833台(同101.4%)
・BMW MINI 1691台(同114.6%)
・ボルボ 1261台(同90.5%)
・ジープ 1093台(同110.2%)
・プジョー 1040台(同145.9%)
・ルノー 723台(同139.0%)
・ポルシェ 691台(同126.1%)
・フィアット 449台(同107.4%)

* * *

 1位のメルセデス・ベンツ、2位のBMWは堅調だ。メルセデス・ベンツは、2021年1月に発表した新型「Sクラス」だけでなく、年内には新型「Cクラス」の日本上陸がおこなわれる予定なので、2021年の後半にかけてさらに数字を伸ばしていく可能性が高い。

 3位のVWは、前年同月比57.8%と厳しい結果となった。だがこの2月9日には新型「ゴルフ」の先行受注を開始しており、年央には日本で発表される予定だ。ベストセラーモデルであるゴルフのフルモデルチェンジで、2021年のVWは躍進しそうだ。

 注目は6位のジープ。「ラングラー」と「レネゲード」の販売が順調に伸張したことで、2月としては過去最高の数字を記録している。

  • 2月単月の外国メーカー車名別輸入車新規登録台数7位のプジョーは前年同月比145.9%、8位のルノーは同139%と絶好調だ。プジョーは2021年2月25日にブランドロゴを変更、今後新しいエンブレムに変わっていく

 また7位のプジョー、8位のルノーというフランス勢も大きく数字を伸ばした。

 ルノーは、2020年10月に登場したルノー新型「ルーテシア」が好調だという。また2021年2月には新型「キャプチャー」も日本上陸したので、今後の数字が期待できる。プジョーも新型「208」、新型「2008」、MPV「リフター」の人気が高く、前年同月比でおよそ1.5倍と好調だ。

 9位のポルシェも、ピュアEV「タイカン」の納車が始まったこともあり、前年比でプラスを維持している。

メルセデス・ベンツ・Sクラス の中古車をさがす

プジョー・208 の中古車をさがす

ルノー・ルーテシア の中古車をさがす

Gallery【画像】2021年2月度の輸入車ブランドベスト10のモデルを見る(26枚)

RECOMMEND