欧州市場でヒットの予感!? BセグメントSUV ヒュンダイ新型「バイヨン」世界初公開

韓国・ヒュンダイモーターは2021年3月2日、欧州市場向けの新型クロスオーバーSUV「BAYON(バイヨン)」を世界初公開した。

トヨタ「ヤリスクロス」の強力なライバルになりそうなBセグメントSUV

 韓国・ヒュンダイモーターは2021年3月2日、欧州市場向けの新型クロスオーバーSUV「BAYON(バイヨン)」を世界初公開した。

ヒュンダイ新型「バイヨン」

 車名のバイヨンとは、フランス南西部のバカンスの名所である、バスク地方の中心都市バイヨンヌから名付けられている。バイヨンはヨーロッパ市場のニーズを満たすよう設計されているため、ヒュンダイはこのようにネーミングしたという。

 バイヨンは全長4180mm×全幅1775mm×全高1490mm、ホイールベースは2580mmというボディサイズのBセグメントSUVだ。コンパクトなボディサイズながら411リッターという荷室容量を実現、さらに前席レッグルームは最大1072mm、後席は最大882mmと広い室内を誇っているのが特徴だ。

 パワートレインは、1リッター直列3気筒ターボ「T-GDi」。最高出力100psと120psが用意され、120psモデルの場合48Vマイルドハイブリッドテクノロジーが組み合わされる。

 組み合わされるトランスミッションは7速DCT、または6速インテリジェントマニュアルトランスミッション(6iMT)になる。

 エクステリアはワイドなフロントグリルに薄型のLEDヘッドライトを組み合わせ、力強い印象だ。リアの矢印の形をしたコンビネーションライトや、それをつなぐ横長のテールライトがワイド感を演出している。

 インテリアでは、10.25インチのデジタルクラスターや、10.25インチのAVNまたは8インチのディスプレイオーディオなどさまざまに選択することが可能。8インチのディスプレイオーディオは、ワイヤレスでAppleCarPlayやAndroidAutoに接続することができる。標準ではブラックのファブリックインテリアだが、オプションでダークグレー/ライトグレーを選ぶこともできる。

 先進安全パッケージ「スマートセンス」により、車線中央維持支援システム「レーン・フォローイング・アシスト」や、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、自転車も検知する衝突被害軽減ブレーキなどを備える。

* * *

 欧州では年々SUV人気が高まっており、マーケットシェアはすでに全体の44%(2021年1月)を占めるほどになっている。

 そのうち、B/Cセグメントと呼ばれるコンパクトSUVは36%を占めている。ちなみに2020年、欧州でもっとも販売台数の多かったSUVは、バイヨンと同じBセグメントSUVとなるルノー「キャプチャー」だった。

 日本では2020年8月に発売されたトヨタの新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」も、まもなく欧州市場に投入される予定だ。ヤリスクロスのボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mm、ホイールベースは2560mm(日本仕様)になるため、このバイヨンとは強力なライバル関係になるはずだ。

Gallery:【画像】ニューBセグSUV! ヒュンダイ「バイヨン」をチェック(16枚)