VAGUE(ヴァーグ)

61年ぶりにアストンマーティンがF1に戻ってきた!

 2021年3月3日、アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1チームは、2021年FIAフォーミュラ1世界選手権に参戦するマシンを発表した。

  • 61年ぶりにフォーミュラ1の舞台に戻ってくるアストンマーティンのマシン「AMR21」

 新たなアストンマーティンのF1マシンは「AMR21」と名づけられ、オンラインにて発表された。

 2021年シーズンのパイロットは、これまで4回のF1世界チャンピオンに輝いたセバスチャン・ベッテル(ドイツ)と新星のランス・ストロール(カナダ)の2名だ。

 マシンのカラーリングは、アストンマーティンの伝統的なレーシングカラーであるアストンマーティン・レーシング・グリーンとなり、米国の大手IT企業であるコグニザントが率いる数多くのグローバルパートナーのロゴに加え、シャシ側面には、チームの長年のパートナーであるBWTを象徴するレッドのストライプが施されている。

 AMR21に搭載されるエンジンは、ハイブリッド・エネルギー回生機能を備えたターボチャージャー付きメルセデスAMG F1 M12 Eパフォーマンス・エンジンだ。

 アストンマーティン・ラゴンダ取締役会会長のローレンス・ストロールは、次のようにコメントした。

「私は、この日をとても長い間夢見てきました。私はつねに熱狂的な自動車ファンで、レースにも情熱を注いでいます。私の最初の夢は、フォーミュラ1チームを所有することでした。私の2番目の夢は、アストンマーティン・ラゴンダの筆頭株主になることでした。今日、このふたつの夢が叶います。新しいF1マシンであるAMR21という形で、私が語ってきた夢が本当に実現したのです。

 61年ぶりにフォーミュラ1に復帰したアストンマーティンは、スポーツ、メディア、ファンの方々に大きな影響を与え、世界的な注目を集めています。

 私たちの新しいアストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1マシンは、500人のチームによって設計および製造され、世界のモータースポーツの頂点で戦うことになります。

 これはまだ、始まりにすぎません。チームは前進しており、私たちの野心は無限です。私たちはいま、真の進歩を遂げるための準備が整っています」

 アストンマーティン・ラゴンダ最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースは、次のようコメントした。

「今日は、60年以上ぶりにモータースポーツの頂点に復帰したアストンマーティンにとって、本当に歴史的な瞬間となりました。アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1チームは、アストンマーティン・ブランド、私たちの文化、アストンマーティン・ロードカーの設計とテクノロジーに広範囲にわたるプラスの効果をもたらします。

 フォーミュラ1への復帰によって、すべての従業員、そして何よりも世界中のカスタマー・ジャーニーに素晴らしい影響を与えると同時に、アストンマーティンのビジネス全体に、迅速な意思決定を必要とするフォーミュラ1の考え方を浸透させることができます。

 フォーミュラ1チームはダイナミックでエキサイティングなイノベーション・ラボとなり、将来のアストンマーティン・ロードカーのテクノロジーとパフォーマンスを推進します。これにより、今後数年間で私たちのクルマは、真に差別化されるでしょう。

 アストンマーティンは常に美しいクルマを作り続けてきました。今回、フォーミュラ1でアストンマーティンの新時代が始まることにより、より多くの革新とパフォーマンスがもたらされます」

 今後AMR21は、2021年3月12日から14日にバーレーンでおこなわれるフルテスト・プログラムに参加する予定だ。その後、3月28日に開催されるバーレーン・グランプリで、実に61年ぶりにF1への復帰を果たすことになる。

Gallery【画像】アストンマーティンF1のカラーリングをチェック!(19枚)

RECOMMEND