ボルボ新型EV「C40リチャージ」2021年秋に日本上陸決定! 4年後にはEV販売比率35%へ

ボルボ・カー・ジャパンは2021年3月3日、同年3月2日(現地時間)に世界初公開されたクーペSUVスタイルの新型電気自動車(EV)「C40リチャージ」を2021年秋に日本に導入すると発表した。

当初導入の100台には新たなサブスクプランを用意

 ボルボ・カー・ジャパンは2021年3月3日、同年3月2日(現地時間)に世界初公開されたクーペSUVスタイルの新型電気自動車(EV)「C40リチャージ」を2021年秋に日本に導入すると発表した。

ボルボスタジオ青山に展示された新モデル「C40リチャージ」のモックアップモデル。現在ボルボスタジオ青山は緊急事態宣言のため臨時休業しているため、ウインドウ越しにしか見ることができないのが残念

 ボルボは2020年に、初のピュアEV「XC40リチャージ」を世界中の市場で発売しているが、日本では未発売だ。今回の発表により、日本においてはC40リチャージが先に登場するということになり、XC40リチャージは次のステップという形になる。

 またボルボ・カー・ジャパンは、2025年の段階で販売するモデルの約35%をEVとすることを目指し、2030年には国内で販売するすべてのモデルをEVのみとすることを発表した。今秋のC40リチャージ国内導入は、その第一歩ということだ。

 C40リチャージは、既存の「S」「V」「XC」からなるボディタイプとは異なる、クロスオーバータイプのSUVで、緩やかな傾斜をともなうルーフラインと、印象的なリアエンドデザインを特徴としている。

 フロントデザインはEVボルボの新しい顔を表し、ヘッドライトは最先端のピクセルテクノロジーを備えている。

 またGoogleと共同開発されたAndroidオペレーションシステムを採用した新インフォテインメントシステムや、ソフトウェアのアップデートをオンラインにて実施するなど、既存モデルにはない新しい取り組みがなされている。

 今後、導入するすべてのEVモデルはオンライン販売のみとなる。

 あわせて、当初導入する100台の「C40リチャージ」は、新しいサブスクリプションのプランを用意する。これは、短期での契約終了であっても追加負担なくクルマを手放すことができる画期的なものとなるという。

 ボルボ・カー・ジャパンのマーティン・パーソン社長は「現在でもクルマを購入する99%の人は、ある程度オンラインで決断してから購入されています。C40リチャージはオンライン販売のみということになりますが、最後の購入の部分までオンラインでおこなうということで、いままでと劇的に変わる、ということではありません」と語った。

ボルボ「C40リチャージ」とボルボ・カー・ジャパンのマーティン・パーソン社長

 また「ディーラーとの緊密な関係性は今後も継続していきます。サービスの提供や納車、試乗などはオンライン化できませんので、今後もディーラーは必要です。ただしディーラーの役割は変わっていくと思います。そしていま、需要として上がっているのは車両価格の透明性です。オンライン化することで、そこにも応えることができます」とコメントした。

 さらにサブスクリプションに関しては「EVとサブスクというのは非常にマッチしているのではないでしょうか。中古車になってどれくらいの価格になるのかという不安もなく、定額制でノーリスクです。また任意保険も含めてのサブスクになりますので、とくに任意保険料の高い、若い世代にはお得感が高いと思います」と語った。

 * * *

 スウェーデンのボルボ・カーズは3月2日、2030年までに世界的に完全な電気自動車メーカーになることを計画しており、それまでにピュアEVのみを販売、ハイブリッド車を含む内燃機関を搭載したクルマを全世界で段階的に廃止することを目指すと発表した。

 今回のボルボ・カー・ジャパンの発表は、それにともなうものだ。具体的には2025年の段階で、日本での年間販売目標2万5000台のうち、約35%となる9000台弱のEV販売を目指すという。

Gallery:【画像】2021年秋に日本上陸!新型ピュアEVボルボ「C40リチャージ」を見る(46枚)