VAGUE(ヴァーグ)

20世紀最後に現れたポルシェのモンスターマシン

 ポルシェが1999年のパリ・サロンで発表した、スタディモデルの「カレラGT」は、革新的なメカニズムを採用して誕生したモデルだった。

 ポルシェにとって、プロダクション化の道が閉ざされているスタディモデルは存在しないと考えられていたため、いつかカレラGTという究極のスーパースポーツがポルシェから市場に送り出されることを、ファンはこの時から確信していたのだった。

●2005 ポルシェ「カレラGT」

  • 1270台生産されたうち、644台がアメリカに輸出されたというポルシェ「カレラGT」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 カレラGTの生産型は、それから4年を経過した2003年のジュネーブ・ショーで見事に誕生することになる。

 生産は旧東ドイツ領に新設されたライプツィヒ工場でおこなわれたが、心臓部たるエンジンだけは伝統の本社工場──ツッフェンハウゼン工場で製造された。これは、ポルシェの伝統を熟知する熱狂的なカスタマーのための配慮と考えてもよいだろう。

 ちなみにライプツィヒ工場での生産キャパシティは、1日に2台から3台。ポルシェは当初、トータルで1000台前後の生産規模を想定していたが、実際には1270台のカレラGTが、この工場をラインオフしたという記録が残っている。

 このうちの644台がアメリカに輸出されたというのが、RMサザビーズによる調査結果だ。

 カレラGTのスタイリングは、スタディモデルからほとんど変更を受けることなく生産型に移行したという印象が強い。

 フロントウインドウの傾斜角や灯火類のデザインなど、細かい部分では若干の見直しを受けているのも事実だが、基本的なシルエットなどには一切の変更がない。

 スタディモデルの段階では、オープンとともにクローズドボディが設定されるのではないかという噂もあったが、結局カレラGTには着脱式のルーフが備わるオープンボディのみだった。

 いま見ても最新のスーパースポーツに見えるカレラGTだが、ポルシェのカスタマーを刺激する過去のコンペティション・モデルからモチーフを得たと思われるディテールがいくつかある。

 例えばフロントマスクに精悍なイメージを与える丸型ヘッドランプは「917」から、ボリューム感溢れるフロントフェンダーの造形には「918RSKスパイダー」のイメージを受け継いだものである。

NextV10を6速MTで操る「カレラGT」の希少性
Gallery【画像】古さをまったく感じさせない「カレラGT」とは(22枚)

page

RECOMMEND