VAGUE(ヴァーグ)

「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の2グレード展開

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は2021年3月2日、VWのSUVシリーズでもっとも小さなコンパクトSUV「T-Cross(T-クロス)」のカタログモデルの販売を開始した。

  • VWのベストセラーコンパクトSUV「T-クロス」

 T-クロスは、2019年11月に日本で発表され、2020年1月から導入記念特別仕様車「TSI 1st」と「TSI 1st Plus」が発売された。

 以来、全長4115mmというコンパクトなボディの取り回しの良さや、116ps・200Nmを発生する1リッター3気筒ターボエンジンと7速DSG(DCT)の組み合わせによる元気な走り、そしてWLTCモード燃費16.9km/Lという経済性などで人気となり、2020年の新車登録台数は8930台と、輸入車のなかで4位、SUVのなかでは輸入車トップというヒットモデルとなった。

 今回導入されるカタログモデルは「TSI Active(アクティブ)」と「TSI Style(スタイル)」の2グレード展開。パワートレインは従来同様、1リッター3気筒TSIエンジンに7速DSGを組み合わせる。駆動方式はFFだ。

 車両価格はT-クロス TSIアクティブが278万円(消費税込、以下同)、T-クロス TSIスタイルが303万円となる。

 安全性と快適性においても、MQBの採用により、上級モデルに採用される運転支援システムや快適装備を多く採用する。

 オプションでは、デジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」や、スマホのワイヤレスチャージングがセットとなったテクノロジーパッケージ(7万1500円)、レーンキープアシストシステム「Lane Assist」、駐車支援システム「Park Assist」、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(TSIアクティブにオプション、TSIスタイルに標準)などの運転支援システムがセットとなったセーフティパッケージ(TSIアクティブ:16万5000円、TSIスタイル:14万3000円)、純正インフォテイメントシステム「Discover Media」パッケージ(14万3000円)などが用意される。

 またTSIスタイルには、ダッシュパッドやドアミラー、アルミホイール、シートファブリックをブラック/オレンジ/グリーンの3色から選択できるデザインパッケージ(12万1000円)も用意する。

フォルクスワーゲン・T-クロス の中古車をさがす

Gallery大人気SUV! VW「T-クロス」の魅力を画像でチェック(28枚)

RECOMMEND