祝、ブランド生誕80周年! なぜ「ジープ」は人々に愛され続けるのか

Jeep(ジープ)の勢いが止まらない。コロナ禍に見舞われた2020年でも前年比1.7%増の1万3588台の新規登録台数を記録し、過去最高を更新している。また2021年はジープブランドが誕生して80周年の記念すべき年になり、昨年以上に注目が集まることは間違いない。そんなジープの人気の秘訣はどこにあるのだろうか。

1941年に登場した「ウィリスMB」がその起源

 2021年は、ジープにとっては特別な年となる。それがブランド生誕80周年だ。

 ジープ誕生のきっかけは、アメリカ陸軍が1940年6月に135社の自動車メーカーに対して「軽量偵察車」の受注入札を要請したことになる。それに応えたウィリス・オーバーランド社が1941年に生み出したのが、初代のジープ「WILLYS MB」であった。

現行型「ジープ・ラングラー」。ジープのアイコンでもある7本の縦スロットが設けられたフロントグリルが印象的だ

 タフで使い勝手に優れた初代ジープは、陸軍兵の「最良の友」と呼ばれるほどに大活躍。そして第2次世界対戦後は、民生向け車両としての道を歩み出す。

 1960年代には“ラグジュアリーSUV”の始祖となるジープ「ワゴニア」を発売。4WD車でありながら乗用車と同様のスタイリングや快適性を持ち合わせたクルマとして超ロングセラーとなる。

 また、1970年代には、スポーティなジープ「チェロキー」が誕生。1980年代まで続く、大ヒットモデルとなった。その後も、ジープは「グランドチェロキー」や「コンパス」、「レネゲード」など人気の4WDモデルを追加。堅調な成長を遂げている。

1941年に登場した「WILLYS MB」は米国陸軍に採用、どこにでも行ける陸軍兵の「最良の友」となった。写真は1943年製のWILLYS MB

 そんなジープ誕生80周年を迎える今、ジープの日本における販売は非常に好調だ。

 まず、2020年1月から12月のジープブランドの新車登録台数は1万3588台であった。年間3万台から5万台も売る、ドイツブランド(メルセデス・ベンツやVW、BMW)と比べればその数はささやかではあるが、それでもジープは前年比101.7%を達成。

 コロナ禍の影響もあり、外国メーカー全体では前年比85.3%のなかで、前年比100%以上を達成できたのは、ジープ、プジョー/シトロエン/DS、ポルシェなど少数派。ジープの成績は立派な数字だ。

 しかもジープの快調さは2020年だけではない。過去10年を振り返ると、前年比100%を下回ったのは2013年の99.0%のみ。それ以外の9年間は、すべて前年比プラスで推移している。

 ちなみに2009年の年間販売台数は、わずかに1010台。それを10年間で13倍以上に増加させてきたのだ。

Gallery:【画像】ジープ80年の壮大な歴史をチェック!(50枚)