意外!? マラドーナの愛車はBMW「i8」とロールス・ロイス「ゴースト」だった!

サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ。2020年に他界したマラドーナが、生前どんなクルマに乗っていたのか気になるところだが、マラドーナの元愛車がオークションに登場したので紹介しよう。

マラドーナ効果で落札価格も高くなるか?

 マラドーナはその後、ボカ・ジュニアーズやバルセロナ、ナポリといったクラブでプレーを続けて引退、指導者となる。2010年のワールドカップで、アルゼンチン代表監督をしていたマラドーナを、実際に見たことがある人もいるだろう。

●2016 ロールス・ロイス「ゴースト」

マラドーナが、2011年にUAEのクラブから監督として招聘されていた期間に所有していたロールス・ロイス「ゴースト」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby’s

 アルゼンチン代表は、準々決勝のドイツ戦で敗退し、マラドーナは監督を解任されたのだが、2011年にUAEのクラブが監督として招聘。いくつかのクラブの監督を続けたのち、2018年にメキシコ、2019年には母国アルゼンチンのクラブでごく短期間監督を務めたが、すぐに辞任している。

 この経歴からもわかるように、2016モデルのゴーストと2014モデルのi8は、UAE時代にマラドーナが使用していたクルマだ。

 ゴーストは、現在の走行距離が約2万6000km。記録によるとマラドーナが乗っていたのは、約5000kmとのことで、セカンドオーナーの手に渡ったのち、約2万km走行時に整備がおこなわれている。

 それだけにクルマ自体の状態は非常に良く、内外装や機能はすべて、パーフェクトな状態を保っている。

 i8の状態も非常にいい。ハーマン・カードンのオーディオシステムなど、さまざまなオプションが装備されているこのクルマの走行距離は、現在約1万500km。マラドーナが所有していたのは2018年11月までで、そこでセカンドオーナーの手に渡り、直近では2021年1月に点検整備されている。

 この両車、たとえばサンバイザーの裏などに、マラドーナのサインが入っているなどということはない。しかし、その来歴ははっきり確認がとれている正真正銘の「元マラドーナの愛車」たちである。

 クルマとしての状態がいい上に、マラドーナが所有していたというプレミア込みで、ゴーストは12万−15万ユーロ(邦貨換算約1540万−約1930万円)、i8は6万−8万ユーロ(邦貨換算約770万−約1030万円)という予想落札価格が提示されている。

 はたしていくらで落札されるのか、ひとりのマラドーナファンとして、興味津々である。

Gallery:【画像】マラドーナが運転したコックピットを見る!(26枚)