BMW新型「4シリーズ」をACシュニッツァーがパワーアップ! ローダウンで見た目も最高

BMWの老舗チューナーであるACシュニッツァーが、「4シリーズ」のチューニングパーツをリリース。どれだけパワーアップしたのだろうか。

ACシュニッツァーが「4シリーズ」をパワーアップ!

 BMW新型「4シリーズ」のプロトタイプ「コンセプト4シリーズ」のフォルムを2019年のフランクフルト・ショーで見た時から、そのクーペ・デザインの美しさには感動させられていた。

 誰が言い出したのかは知らないが、「メガ・キドニー」と呼ばれる巨大なキドニーグリルが採用されたことと、伝統のCピラーのベースに見られた「ホフマイスターキンク」が消滅したのには非常に驚かされたものだ。

 しかし、新型4シリーズは前作よりも明らかに美しいプロポーションを備えており、そして何よりラグジュアリーでエレガントな雰囲気を醸し出している。

 心配は、日本ではどうやってフロントのライセンスプレートを取り付けるのだろうといった疑問が、頭の中では浮かぶのみであった。

ラグジュアリーでエレガントな雰囲気の「4シリーズ」をアグレッシブなスタイルに変えるACシュニッツァーのエアロパーツ

 この4シリーズのチューニング(クーペ=G22、カブリオレ=G23)にいち早く着手したのは、BMWチューナーの最大手である、ACシュニッツァーだった。

 毎年大きな販売量を誇る新車ディーラーを母体とするだけに、ベース車となるモデルの入庫も早く、新車のデビュー前にすでに、ある程度の情報は彼らには伝えられるという。

 そのBMWとの友好的な関係をバックグラウンドに、ACシュニッツァーは続々とニューモデルを発表しているのだ。

 まずは搭載されるパワーユニットの構成から紹介しよう。

 ACシュニッツァーのパフォーマンスアップグレードには、最大5年間の保証と公認証明書が添えられる。これは自社のチューニングに対する絶対的な自信と、ユーザーに対しての安心感を公にするもので、実際それが販売面では大きなセールスポイントとなっている。

 BMW 4シリーズのガソリン搭載モデルには現在、2リッター258ps直列4気筒ターボエンジンを搭載した「430i」(日本未導入)と、同様のエンジンで184ps仕様の「420i」、そして48Vハイブリッドシステムを採用する387ps直列6気筒ターボエンジン搭載の「M440i xDrive」がラインナップされている。

 ACシュニッツァーでは最高出力を、430iで300ps、M440 xDriveで420psにまで高めることに成功した。ただし後者は実際のデリバリーまでには、まだ若干の時間が必要になるという。

Gallery:【画像】ローダウンで塊感アップのACシュニッツァー「4シリーズ」(20枚)