VAGUE(ヴァーグ)

EVレースでもロータスがサーキットに戻ってくる!

 ロータスが、2030年シーズンからEVレースの世界に参入することが明らかになった。彼らは同時に、その先行プロトタイプである、ロータス「E-R9(Endurance-Racer 9)」を初公開した。

  • EVレース用のプロトタイプ、ロータス「E-R9(Endurance-Racer 9)」

 チーフエアロダイアミストのリチャード・ヒルは、E-R9のパッケージングには、モーフィング(異形化した)ボディパネルとエアロダイナミクス・コントロール翼面が採用されているという。

 現段階ではその詳細に関しては明らかにされていないが、それがエアロダイナミクスの最先端にある技術であることは確かだ。

 EVパワートレインは、「エヴァイヤ」のトルクベクタリングを備えたものが用いられ、さらに制御能力が高められている。

 E-R9というネーミングから、1950年代のロータス「マークMk.IX(マーク9)」をイメージするファンも多いはずだ。1955年に発表されたマーク9もまた、その前身である「マーク8」のエアロダイナミクスを大幅に改善し、コヴェントリー・クライマックス製の1098cc、あるいはフォード製の1172ccやMG製の1497ccエンジンを搭載し、多くのレースに参戦した経緯がある。

 社長であるコーリン・チャップマン自身も、そのステアリングを握っている。さらに1955年には、ル・マン24時間にも参戦した。E-R9が予定通りに2030年に登場するとすれば、マーク9の誕生から、75周年を祝う記念モデルともなる。

 公開された写真のE-R9のカラーリングは、ゴールドの占める割合が多いが、1970年代にブラック&ゴールドのカラーリングで活躍したF1マシンがモチーフとなっている。

Nextまるで戦闘機のような旋回性能!?
Gallery【画像】クルマなのに飛行感覚が味わえる!? ロータスのEVレース用マシン「E-R9」を見る(15枚)

page

RECOMMEND