VAGUE(ヴァーグ)

1976年の初代ゴルフGTI誕生を記念した特別モデル

 独フォルクスワーゲン(VW)は2021年2月26日、新型ゴルフ8ベースの「ゴルフGTI」に、ゴルフGTI誕生から45周年を記念した特別なアニバーサリーモデル「ゴルフGTIクラブスポーツ45」を発表した。プリセールは3月初旬より開始される。

  • VW「ゴルフGTIクラブスポーツ45」のフロントマスクと19インチホイール

 VWは1976年夏、独自のスポーティさを持つゴルフGTIを市場に投入した。当時はこのモデルが、世界でもっとも成功したコンパクトハッチバックスポーツカーになるとは誰も予想しておらず、計画されていたのはわずか5000台の生産だったという。

 それが45年経った今日では、累計230万台をはるかに超えるほどの大ヒットモデルに成長した。今回登場したゴルフGTIクラブスポーツ45は、ゴルフGTIの誕生から45周年を記念したモデルで、2020年10月に登場した300ps・400Nmの2リッターターボエンジンを搭載するフラッグシップモデル「ゴルフGTIクラブスポーツ」をベースとしている。

 ゴルフGTIクラブスポーツは、標準モデルよりも55psプラスされた2.0TSIエンジンやレース用のスペシャルドライビングモードを装備するなど、スタンダードなゴルフGTIとは一線を画している。エクステリアデザインも、より大きなエアインテークや特別にデザインされたルーフスポイラーを装備する。

 ゴルフGTIクラブスポーツ45は、初代ゴルフGTIのブラックフレーム・リアウインドウにオマージュを捧げたブラックルーフ、およびブラックルーフスポイラーが特徴的だ。

 また専用の標準装備であるレース・パッケージには、ブラック仕上げでレッドのピンストライプディテールが入る19インチアルミホイールが含まれる。さらにスポーツエキゾーストシステムと250km/h速度リミッターの解除も含まれている。

 サイドシルパネルとトランクリッドには「45」の文字がレタリングされ、レッドのトリムストリップを備えたIQLight LEDマトリックスヘッドライトを採用する。

 インテリアには、クラシックなGTIのエンブレムが採用され、フロントプレミアムスポーツシートのバックレストにはGTIのレタリングが施される。

 3月1日より、ドイツをはじめヨーロッパの一部の国で先行販売が開始される。ドイツでの車両価格は、4万7790ユーロ(日本円で約615万円)からとなっている。

Galleryコレクターズアイテムになる!? VWゴルフGTIの記念モデルを画像でチェック(10枚)

RECOMMEND