VAGUE(ヴァーグ)

外観だけでなく室内も大幅アップデート

 独BMWは2021年2月24日、MINIの5人乗りモデル「ミニ5ドア」をマイナーチェンジ、同年3月より世界中の市場に導入することを発表した。

  • 改良新型「MINI5ドア」の走り

 MINI5ドアは、2014年6月の世界初公開以来、すでに世界中で50万台以上が販売されている人気モデルだ。昨年2020年だけでも5万6000台以上が販売されたという。

 MINI3ドアよりも72mm長いホイールベースと160mm長い全長が特徴で、後席は3シーターを備えるため乗車定員は5名となり、4名乗車となるMINI3ドアとの差別化が図られている。荷室容量は通常時278リッター、最大で941リッターとなる。

 今回発表された改良新型MINI5ドアは、エクステリアを一新している。

 フロントグリルは六角形の周囲がこれまで以上に大きくなり、丸い特徴的な新LEDヘッドライトが標準装備される。ロービームとハイビーム用LEDユニットは、ハイグロスブラックのハウジングに収められており、円周方向のライトバンドは、デイタイムランニングライトとターンインジケーターの機能を果たす。

 フロントバンパーも新しくデザインされ、表情豊かになっているのが特徴だ。

 サイド部では、サイドインジケーターにLEDテクノロジーを搭載。さらにホイールは新デザインの5種類を用意している。またリアデザインでは、ユニオンジャックデザインのリアライトが標準になっている。

 ボディカラーは3つの新色が追加されている。ルーフトップグレーメタリックとアイランドブルーメタリックに加え、これまではMINIコンバーチブルのみに用意されていたゼスティイエローも用意された。

 また「マルチトーンルーフ」と呼ばれるオプションを用意。これはサンマリノブルー/パーリーアクア/ジェットブラックのルーフがグラデーションになっているのが特徴だ。

 インテリアも大きく変更されている。新設計のスポーツレザーステアリングホイールが標準装備となり、その奥には5インチカラーディスプレイを備えたマルチファンクションディスプレイが備わる。またセンターには8.8インチのカラータッチスクリーンディスプレイを標準装備している。さらにハンドルヒーターも初めてオプションで用意された。

 パーキングブレーキは電動化された。またフロントカメラを搭載することで、ATモデルはストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールが標準装備されている。これは30km/hから140km/hの範囲で利用できる。

 またMINIモデルとして初めて、アダプティブサスペンションをオプション設定した。これは常に路面をセンシングし、アクティブにダンパーを調整することで乗り心地とスポーティさを最適化、MINIらしい「ゴーカートフィーリング」の再定義を果たしているという。これはMINIワン、MINIクーパーSEを除くすべてのモデルバリエーションでオプション選択できる。

* * *

 改良新型MINI5ドアは、MINI3ドア、MINIコンバーチブルとともに、日本でももうまもなく発表される予定だ。

Gallery【画像】3月に登場! 改良新型「MINI5ドア」をチェック!(21枚)

RECOMMEND