メルセデス新型「Cクラス」世界初公開! 5代目になりどう進化? ライバル勢との違いとは

2021年2月23日、メルセデス・ベンツ新型「Cクラス」が世界初公開された。今回のフルモデルチェンジで5代目へと進化した新型は、この3月に欧州で発売を開始、日本でも2021年中には発表されると予想される。そんな新型Cクラスはどのように変わったのだろうか。またドイツのライバル車とくらべてどうなのだろうか。

新型は現行モデルよりも全長は65mm、ホイールベースは25mm拡大

 2021年2月23日、メルセデス・ベンツの本国であるドイツにおいて、新型「Cクラス」が発表された。

メルセデス・ベンツ新型「Cクラス セダン」のフロントマスク

 Cクラスは1982年、前身である「190シリーズ」の誕生以来1050万台を超える台数が販売されており、過去10年間でもっとも販売台数の多いメルセデス・ベンツとなっている。まさに世界市場におけるプレミアム・セダンのベストセラーカーだ。

 日本でも「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位(JAIA発表)」を見ると、昨年の2020年こそ9位に甘んじたが、2014年から2019年まで6年連続でベスト3の地位を守るなど、その売れ行きは堅調だ。

 ちなみに1位は「BMWミニ」とVW「ゴルフ」が長らく戦っており、2020年には初めてメルセデス「Aクラス」が2位に割って入っている。

 そんなベストセラーカーであるCクラス。新型になってボディサイズが若干拡大している。

 Cクラスセダンのスペックは、全長4751mm×全幅1820mm×全高1438mm、ホイールベースは2865mm。現行モデルと比較して全長はプラス65mm、全幅はプラス10mm、ホイールベースはプラス25mmで、全体的に大きくなっているのが特徴だ。逆に全高はマイナス9mmと、よりワイド&ローのスポーティなスタイリングになっている。

 また、フロントガラスと乗員スペースを後方に移動させる「キャブバックワード」デザインで、クラシカルでダイナミックなプロポーションを実現しているのも特徴だ。

 インテリアのトピックは、第2世代に進化した最新のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)だ。2021年1月に日本でも販売開始となった新世代の「Sクラス」にも採用されているものが、新型Cクラスにも搭載されている。モニターサイズを拡大し、機能を充実させ、操作性も洗練度を高めた。

Gallery:ついに登場! 世界初公開されたメルセデス新型「Cクラス」とライバルをチェック!(58枚)