VAGUE(ヴァーグ)

マセラティの極秘情報がSNSで拡散!?

 Teaser(ティザー)という言葉を、ここ最近よく耳にするようになった。これはおもにアメリカの広告業界で始まったテクニックのひとつで、新商品の一部を小出しにして、消費者の好奇心や興味を盛り上げる宣伝手法のことである。

  • マセラティ「グレカーレ」は、「レヴァンテ」のワンクラス下に位置するモデルになりそうだ

 一般的な広告とは異なり、何が優れているのか、あるいはどのようなデザインをした製品であるのかなどが伏せられるのが、ティーザー・キャンペーンの典型的な手法であり、それは自動車の世界においても珍しいことではなくなった。

 それにしても……、というべき前代未聞のティーザー・キャンペーンがおこなわれたのは、2月半ばのイタリアのモデナに本社を構えるマセラティである。

 実際には会社が認めたキャンペーンなのかどうかも分からないが、ともあれモデナから伝わる話によれば、おそらくはスマートフォンで、同社の従業員が大切な開発中のモデルを撮影。その画像を、SNSを通じて全世界に配信してしまったのだという。

 その話題性は大きく、いわゆるヤラセ感も抜群であることから、マセラティのティーザー・キャンペーンは一応の成功をみたと考えられる。

 話はこのオバカなティーザー・キャンペーンで終わってもいいのだけれど、マセラティのファンとしては、この戦略にハマってあげるのが、メディアであり消費者というものだろう。

 この新しいマセラティは何なのか。「ティーザー・フォト」からは新型のSUVにも見える。というかSUV以外の何物でもない。

Next「グレカーレ」にはハイブリッドも用意される!?
Gallery【画像】流失したとされるマセラティ新型SUVの写真とは(12枚)

page

RECOMMEND