ラグジュアリーでありながらスポーツドライブもこなすフライングスパー

2019年12月4日、ベントレーモーターズジャパンは、新型「フライングスパー」をメディアに向けて公開。第3世代となるフライングスパーの先代から大きく変わった点とは?

実質的には同サイズ、しかし視覚的にはより大きく見える新型フライングスパー

 ベントレーの新型「フライングスパー」が日本のメディアにお披露目された。ボディサイズはほぼ先代モデルと変わらないサイズなのだが、視覚的によりワイドで全長も長く感じられる。

3世代目となるベントレー「フライングスパー」

 第1世代のフライングスパーは、2005年から2012年まで販売され、「世界最速の4ドアサルーン」を標榜し、先行して市販化されていたハイパフォーマンスクーペである「コンチネンタルGT」の精神を受け継いだゴージャスな4ドアサルーンだった。そのため正式名称は「コンチネンタル・フライングスパー」となっていた。

 第2世代のフライングスパーは、2013年から販売され、「ハイパフォーマンス・ラグジュアリーセダン」がコンセプトとなり、日常使用を目的としたラグジュアリー性とパフォーマンスを組み合わせたスポーツセダンであった。

 今回新しくなった第3世代では、「世界でもっとも信頼のおける4ドアグランドツアラー」がコンセプト。俊敏なスポーツセダンの敏捷性とリムジンの持つ洗練性を併せもっている。

 ボディサイズは、全長5316mm✕全幅1978mm✕全高1484mm。先代モデルに比べて、全長+21mm、全幅+2mm、全高−4mmとなっており、ほぼ同サイズといえる。

 しかし、ホイールベースは先代比+129mmとなり、フロントアクスルが130mm前方に移動してオーバーハングが短くなった。さらにホイールに新設計の22インチを採用したことで、視覚的に全長が長く見える効果が生まれたのだ。

フロントグリルは「ミュルザンヌ」と同じ垂直ラインのバーチカルベーンを採用

 またフロントグリルは幅広くなり、「ミュルザンヌ」と同じ垂直ラインのバーチカルベーンを採用したことで、先代よりもワイド&ローに見える。

 全体的に彫りの深いデザインになり、優雅さとたくましさを兼ね備えたプロポーションとなっている。そしてフライングスパーという名前が復活してはじめて、ボンネット先端に「フライングB」のマスコットを現代版フライングスパーで採用した。

Gallery:【画像】新型「フライングスパー」の内外装をじっくりと写真で見る(40枚)