VAGUE(ヴァーグ)

金運があがりそうなゴールドボディのフェラーリはいかが?

 RMサザビーズのパリ・オークションが、2021年2月21日におこなわれた。全体の売り上げは940万7600ユーロ(邦貨換算約11億7600万円)。電話やインターネットを通じて参加した入札者は世界32か国に及び、コロナ渦におけるオンライン・オークションとしてはまずは成功といえるだろう。

 参考までにトップ・セールスとなったのは、24万3750ユーロで(同3億1000万円)落札されたランボルギーニ「ミウラSV」で、すでにVAGUEでも詳しくレポートされているとおり、ミウラ人気はまだまだ健在なようだ。

  • フェラーリでもボディ色がレッド以外の個体に人気が集まっているようだ(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 そしてこのパリ・オークションで、RMサザビーズが用意したもうひとつのイベントが「ゴールド・コレクション」である。これはボディカラーがオリジナルでゴールドの車両だけを集めたもので、出品車はここで紹介するフェラーリの1974年式「365 GT4 BB」と1979年式「308GTS」のほかに、ポルシェの1972年式「911S 2.4タルガ」と、1977年式「911ターボカレラ」、そして1973年式のジェンセン「インターセプター」の5台である。仮にその全車を落札したとすれば、ガレージは素晴らしい光景に包まれるに違いない。

●1979 フェラーリ「308GTS」

  • オロキアロメタリックのエクステリアカラーにペレベージュのインテリアで仕上げられたフェラーリ「308GTS」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 1975年に「ディーノ246」の市場を受け継ぐために誕生したのが、フェラーリ「308」である。レオナルド・フィオラバンティを当時のチーフスタイリストとしていたピニンファリーナから提案されたボディデザインは、そのディテールにディーノの雰囲気を残しつつも、さらに大型化され、フェラーリのカスタマーを一瞬で魅了するほど魅力的なものだった。

 出品された個体は「308GTS」で、ルーフの取り外しが可能となっている。取り外したルーフはシート後方に簡単に収納でき、オープンエアのドライブの楽しさをカスタマーに提供してくれた。

 この時代、フェラーリといえば、やはりレッドが定番のボディカラーで、ほとんどのカスタマーは迷わずにレッドを選択したようだ。オロキアロメタリック(ゴールド)のエクステリアカラーにペレベージュ(ベージュ)のインテリアで仕上げられたモデルは極めて希少だ。

 オークションに出品された個体がオリジナルの仕様であることは、2016年にフェラーリ・クラシケによって証明されている。

Next「赤」以外のフェラーリが世界的に人気!
Gallery【画像】金運アップしそうなフェラーリとは?(32枚)

page

RECOMMEND