ノビテックが840馬力仕様のフェラーリ「812GTS」を発表! エアロパーツの変更点は?

今後貴重になる自然吸気V12エンジンを搭載したフェラーリ「812GTS」を、ノビテックが過激にチューニングした「ノビテック フェラーリ812GTS」のチューニングメニューを紹介する。

ノビテックマジックで「812GTS」をカスタム

 ドイツのチューニング・メーカー、ノビテックが、早くもフェラーリ「812GTS」をベースとしたニューモデル「ノビテック フェラーリ812GTS」を公開した。ちなみに812GTSは現行型のフェラーリ製12気筒2シーターをベースとしたオープンモデルで、生産台数を限定しないシリーズモデルとしての生産は、1970年代の「デイトナ・スパイダー」以来のこととなる。

 世界中の、とりわけフェラーリにとって最大の市場であるアメリカのカスタマーからは大きな支持が得られることは間違いないだろう。つまり、ノビテックにとっても大きなビジネスチャンスにほかならないのである。

ノビテックのニューモデル「ノビテック フェラーリ812GTS」

 ノビテックは、どのような手法で812GTSのエアロダイナミクスを向上させたのだろうか。その方策を外観から知るのは非常に簡単だ。

 ボディカラーとは異なる、無塗装のカーボンパーツが使用されているパートが、ノビテックによる独自のデザインによるものとなる。もちろん風洞実験によって確かな効果が確認されているのはいうまでもないだろう。

 特徴的な造形のフロントバンパースポイラーは、この風洞実験によってダウンフォースの増加が確かめられている。高速でのフロントアクスルリフトを最小限に抑え、安定性を確保するだけでなく、そのアグレッシブな印象で多くのファンの心を刺激することだろう。

 フロントフェンダーのエアアウトレットにフィットされるエクステンドパネルと、前後のホイールを結ぶサイドステップは、いずれもボディサイドのエアの流れをさらに整流し、見た目のサイドビューを引き締める効果がある。

 前後のホイールは、ノビテックのコンプリートカーではすでにお馴染みの、アメリカのヴォッセン社によるものだ。今回のオフィシャルフォトに装着されているのは、「ノビテックNF10」と呼ばれるもので、サイズはフロントが10J×21、リアが12.5J×22の設定。

 カラーや表面仕上げの多彩さは、すでに多くのファンに知られているところだ。タイヤはフロントが275/30ZR21、リアが335/25ZR22となる。

Gallery:【画像】過激に変身した「ノビテック フェラーリ812GTS」のエアロパーツとは(13枚)