まるで911GTモデル! ポルシェ992型「911」用 純正エアロキットを発売開始

ポルシェジャパンは、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーがポルシェ「911」モデルレンジのために開発したエアロキットの取り扱いを、2020年3月5日より全国のポルシェ正規販売店で開始する。

特徴的なデザインのリップスポイラーを採用

 ポルシェジャパンは、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーがポルシェ「911」モデルレンジのために開発したエアロキットの取り扱いを、2020年3月5日より全国のポルシェ正規販売店で開始する。

911カレラ4S スポーツデザインパッケージ

 エアロキットのベースとなる「スポーツデザインパッケージ」は、すでにポルシェエクスクルーシブとして導入されているもの。

 スポーツデザインパッケージでは、特徴的なデザインのリップスポイラーを採用することで、フロントエプロンの印象を大きく変えている。

 リアセクションでは、新デザインのバンパーによりナンバープレートの位置が上がり、新形状のエアインテークとエアアウトレットも、スポーツカーのアイコンであるポルシェ911の印象をさらにスポーティなものにする。

 このエアロキットは、911(992シリーズ)すべてのクーペバージョンに提供され、フロントスポイラー、911のGTモデルを想起させる固定式リアスポイラーと固定式リアウイングといった広範なエアロダイナミクスエレメントから成り立つ。

 スポーツデザインパッケージおよびエアロキットで、オプションとして選択可能なスポーツデザインサイドスカートは、地面を這うような姿勢を際立たせ、911が持つモータースポーツのDNAがさらに強調される。

 このエアロキットは、ヴァイザッハのポルシェ研究開発センターで、エンジニアが設計と機能の最適化に数カ月を費やして誕生したもの。

 風洞実験室でおこなったプロトタイプによるテストでは、細部にわたって調整が施され、フロントとリアの揚力を確実に低減させている。

 また世界各地のさまざまな機構のもとでおこなわれたテストの走行距離は9万kmを超え、ナルドサーキットでの高速テストは5万5000kmにもおよんだという。

 両パッケージには、エクステリアカラー仕上げまたはハイグロス仕上げ(パーシャル)の用意があり、ポルシェ純正アクセサリである「ポルシェテクイップメント」としての販売もおこなう予定だ。

※ ※ ※

 ポルシェエクスクルーシブマニュフアクチャラーは、顧客のリクエストにあわせてボディカラーやインテリア、パフォーマンスまで、細やかな要望に対応可能な特別カスタマイズのことで、1986年より、少量生産モデルやカスタマイズモデルを展開している。

 リクエストにあわせてボディやエクステリアの特別なカラーコーディネイトや、パフォーマンスの向上まで、幅広く細やかな要望に対応することが可能で、現在、日本では「ポルシェセンター青山」と「ポルシェセンター名古屋」の2店舗がパートナーに指定されている。

Gallery:固定式の大型リアスポイラーにチェンジ! ポルシェの純正エアロキットを見る