VAGUE(ヴァーグ)

ひっそりとお披露目されていた「シーポッド」の前身

 2年前、2019年の東京モーターショー。個人的に注目していたのはトヨタの「Ultra Conpact-BEV」だった。このたびようやく(まずは法人向けに)販売を開始した「シーポッド(C+pod)」の前身である。

  • 「スマート・フォーツー・エレクトリックドライブ」のユーズドカーならば、「シーポッド」の新車価格の半値で探すことができる

 派手なターンテーブルの上に並ぶこともなく、MEGA WEBの通路になんの制約もなくぽつんと置かれていたから、じっくり時間をかけて見て乗って触って、人が途切れる度に何度も説明員に話を聞いた。

 わかったのは、国土交通省による道路運送車両法の改正に合わせた全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mmのサイズで、トヨタならではの走行性能と安全性を備える予定だということ。そこに革命はない。けれど、手抜かりもいっさいない、まさにトヨタ流の超小型車だな、と思ったものである。

●トヨタUltra Conpact-BEVとシーポッド

  • 法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売をスタートした「シーポッド」

 はたして正式発表となったトヨタの純電気自動車、シーポッドは、道路運送車両法の超小型モビリティ(形式指定車)として、軽自動車と同じ、黄色いナンバーが付いていた。単眼カメラとミリ波レーダーを備え、車両や歩行者に対する自動ブレーキなど安全装備は万全。

 リチウムイオン電池の容量は約9kWhしかないのに、航続距離が150km(WLTCモード)というのも注目すべきところだ。その上でエアコンやシート・ヒーターを装備した上位グレードの「G」でも約170万円という価格は、さすがはトヨタと唸らされるものだった。

 また急速充電を見切り、100Vないしは200Vの普通充電のみとしたのは慧眼だと思う。これまで多くの自動車メーカーが送り出してきた電気自動車は、ユーザーの精神的な安心を配慮してか、急速充電ありきのモデルばかりだった。

 あえて急速充電に対応しないことで、コミューターとしての立ち位置をよりはっきりさせられるし、充電器渋滞もなくなる。急激な大電力を入れることがなければ、バッテリーへの負担もずっと減らすことができる。

 唯一にして最大のネックは、最高速が60km/hに制限されており、高速道路を走れないこと。あくまで超小型モビリティであり、クラッシュ・セーフティ面でそこまでカバーできないことは理解できる。けれど、シーポッドが「様々なシーンで移動の自由を拡張」と謳っている新しい乗り物だけに、惜しいと思った。どうせならレクサス版も出して、そっちは最高速が100km/hくらいで、高速道路も走れるようになることに期待したい。

Next「スマートed」の中古車なら「シーポッド」の半値以下!
Gallery【画像】「シーポッド」と「スマートed」を見比べてみる!(32枚)

page

RECOMMEND