億超えフェラーリの御用達ブランドリの今をレポート! 40周年記念の香りのサプライズとは

イタリアン クラシックカーのレストアで有名な「ブランドリ」。ブランドリは、コンクールデレガンスに出場するような著名なクルマのレストアだけでなく、オリジナルのアート作品も手がけている。そんなブランドリから、“香り”のサプライズが届いた。

創業40周年を記念した粋なプレゼント

「今年、会社を起こしてからちょうど40年が経つの。その記念にブランドリ特製の車内用香水を作ったから、是非使ってみて」と、2020年10月に、モデナにある老舗カロッツェリア、ブランドリ社のチェチリアから素敵なサプライズプレゼントを頂いた。

 40周年の記念に、彼らがいつもお世話になっているヒストリックカーのカスタマーのために、香水を作ったとのこと。クルマの歴史を育んできたレザーやウッドの香りに寄り添うように、フレッシュな香りにしたという。

ロベルトが製作している「アートワークデザイン」の作品。ヒストリックカーの照明

 そのプレゼントはリベットで封がされている羊革紙の封筒に入っていた。心地よい手触りの封筒でそれだけで特別感を放っていた。一体どんな香水が入っているのだろうか。

 このリベットはクルマの内装に使用しているものらしい。しっかり留めてあるので素手では開けられない。封筒を切ってしまうのは勿体無いがハサミを使って開封。

 なかには、長方形の黒いマット(艶消し)のボトルが入っていた。がっしりしたボトルで、重量感があり存在感があった。フランスから取り寄せたもので、この黒のマットはクルマをイメージして作ってもらったという。

 ブランドリの馬のマークが刻まれているアルミのプレートが、とてもエレガントだ。

カロッツェリア・ブランドリ40周年記念としてクライアントに贈呈用に作られたスペシャルな香水(非売品)

 そして手作りのキャップが、このボトルに更なる気品を与えていた。ひとつひとつ丁寧に作られたアルミのキャップは勿論ブランドリ特製。シンプルだけどなんともいえない美しさがあった。

 キャップを回した時の重さに高級感が漂っている。この精密な仕上がりは、貴重なクルマの鈑金を丁寧に、そして正確におこなって来たプロだからこそできる技だ。

 材質は彼らが普段使用しているアルミを使用している。キャップを見ていると、ボディの塗装を剥がしていく段階で徐々に顔を出してくるシルバーの地肌が連想される。もしくは、ピストンのようにも思えてくる。この香水のボトルは、そうしたクラシックカーのレストア工程を想起させてくれる。

 キャップを外してスプレーをプッシュ。クラシックカーが背負っている歴史の香りを守りつつ、爽やかな香りを送りたいというブランドリ。イタリア人の調香師とともに考えた香りは爽やかだけれど、強い意志を持つ大人の香りがする。

 ほのかな香りの余韻がいつまでも鼻腔に残る。現代のクルマの車内で使うには、勿体ない気持ちになる。やっぱりこの香水は、レザーシートのクラシックカーが似合う。

 ところで、老舗カロッツェリア・ブランドリとは、いったいどんな工房なのだろう。

Gallery:【画像】クラシックフェラーリは、こんな場所で生まれ変わっていた!(24枚)