日本上陸したBMW新型「M3/M4」の特徴は? そしてライバルとの関係とは?

2021年1月26日に日本で販売を開始した、BMW新型「M3」と「M4」。大型化された縦型キドニーグリルを両モデルともに採用したのがニュースとなっているが、6速MT搭載モデルを用意したり、よりサーキット走行に重点を置いたトラックパッケージを設定したりと、話題も豊富にある。新型M3/M4の詳細と、そのライバル車について考える。

新型「M3」「M4」とはどんなモデルなのか改めて考える

 BMWの日本法人である、ビー・エム・ダブリュー株式会社は、2021年1月26日におこなったオンライン新春記者会見において、新世代の「M3」「M4」をお披露目し、日本での販売を開始した。

BMW新型「M3セダン」

 ちなみに、Mモデルのなかで新型M3/M4は、サーキット走行を可能とする「Mハイパフォーマンスモデル」という位置付けとなる。一方、すでに発売されていたM340i xDriveと、M440i xDriveはストリート主体の「Mパフォーマンスモデル」。つまり、現在のMモデルには性格の異なるふたつのバージョンが用意されているのだ。

 さらに、今回のM3/M4では、スタンダードモデル、より性能を高めた「Competition(コンペティション)」、サーキット走行に特化した「Competition Track Package(コンペティション・トラック・パッケージ)」という、3グレードが用意された。

 ただし、スタンダードはM4のみで、M3にはスタンダードがない。車両価格は、M3コンペティションが1324万円、M3コンペティション・トラック・パッケージが1436万円、M4が1298万円、M4コンペティションが1348万円、M4コンペティション・トラック・パッケージが1460万円となる。

 新しいM3/M4のボディは、ベースの3シリーズや4シリーズよりも全幅を大きく拡大しており、M3で1905mm、M4で1885mmの全幅を誇る。ルーフはカーボンとなり、ドアミラーやリアスポイラーにMモデル専用品を装備。迫力あるMスポーツ・エキゾーストマフラーとディフューザーも装着されている。

 足回りは、Mアダプティブ・サスペンションに、6ポッドMコンパウンド・ブレーキを装着。オプションにカーボンセラミックブレーキも用意されている。アルミホイールは、フロント19インチ/リア20インチの異径サイズ。もちろんスポーツデフも標準装備となる。

 エンジンは、すべて3リッター直列6気筒ツインターボを搭載。スタンダードのM4が最高出力480ps・最大トルク550Nmで、他グレードは最高出力510ps・最大トルク650Nmとなる。組み合わされるトランスミッションは、スタンダードのM4のみ6速MTで、その他は8速MステップトロニックATだ。

新型M3コンペティション/M4コンペティション用の3リッター直列6気筒ツインターボ「S58B30T0」。510ps/6250rpm、650Nm/2750-5500rpmを絞り出す

 今回のM3/M4の大きな特徴は、サーキット特化型のトラックパッケージ以外は、普通の3シリーズや4シリーズと同じように先進運転支援システムが用意されていることだ。3眼カメラを使ったハンズオフ機能も使えるというのが、これまでのM3/M4との大きな違いとなる。

 逆にトラックパッケージは、そうした先進運転支援システムを搭載しないことで、他グレードに比べ約25kgもの軽量化を実現。カーボンブレーキやカーボンバケットシートなども標準装備となっている。

Gallery:BMWの魂!「M3」の壮大な歴史を画像でチェック! (56枚)