話題の電気自動車 プジョー「e-208」で長距離ドライブはどう? 走ってみた

2020年7月に日本に上陸した、2代目となるプジョー「208」。ガソリンモデルの208と同時に登場したのが、100%電気自動車(BEV)の「e-208」だ。2020−2021日本カー・オブ・ザ・イヤーでインポート賞を受賞した実力の持ち主だが、そんなBEVの走りはどんなものだろうか。首都高や高速ドライブで試してみた。

室内空間や使い勝手はガソリンモデルと変わらないe−208

 2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーで、プジョーブランド初となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した「208/e-208」だが、今回は「e-208」のインプレッションをお伝えしよう。ちなみに選考委員である筆者は、この208/e-208に最高点の10点を投じた。それだけこのクルマに惚れ込んだということだ。

 じつは208/e−208はヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2020も受賞しているから、日本でインポート賞を受賞するのも不思議なことではない。

 ガソリンエンジンを搭載しているのは208で、100%電気自動車(BEV)はe-208と呼ばれる。

プジョー「e-208」のフルLEDヘッドライト。ラジエターグリルがボディカラーに合わせて塗装されるのが208との違いだ

 208とe-208は、外観上で差別化はしてないが、e-208はフロントグリルがボディに合わせた色になり、左右のCピラーには青色のeマークが付き、テールゲートのe-208のバッジのeの部分は青色になっている。

 一番大きな違いはアルミホイールのデザインだ。 e-208はいかにも空気抵抗が小さそうな、フラットな面が大きい形状になっている。

 インテリアも208と大きな差はなく、e-208にも3D i-コクピットと呼ばれる、3次元表示となったメーターが採用されている。ただしメーター内の表示はバッテリー残量やレンジ(航続距離)、そして回転計の代わりにパワー/エコ/チャージのゾーン分けで、アクセルペダルの踏み込み程度を知らせてくれるメーターも付き、BEVらしい。

 リチウムイオンバッテリーはコンパクトに収納されているから、キャビン、ラゲッジルーム、室内足元の広さはガソリンエンジンを搭載する208と差はない。これはコンパクトクラスのBEV用に専用デザインされたeCMPプラットフォームによる効果だ。

 ハンドル左側、ダッシュボード上の丸いスイッチを押すと発進準備ができる。この丸いスイッチには「ENGINE START STOP」と書いてあることで、エンジン車の流用ということがわかる。これは「POWER ON OFF」にすればいいのにと思ってしまう。

プジョー「e-208」の3D i-コックピット。ナビゲーションシステムは24万5300円のオプション

 走り始めると、やや硬めの足だなと感じる。208より硬めのセッティングだ。e-208の車両重量は1500kgと、208の1170kgに比べると330kgほど重くなっているせいもあるかもしれない。

 208のようなしなやかさはないものの、段差の通過などで感じるハーシュネスは強く感じない。ボディ剛性が高いことも、インパクトを強く感じないことに貢献しているだろう。

 車両重量は重くなってもサスペンションが硬めで低重心だから、ハンドリング性能はかなりスポーティだ。カートのようにロールせずにコーナリングしていく感じで、タイヤが路面を掴んでいる感じが掴みやすく、安心感がある。この感触は208より確実にスポーティだ。

Gallery:【画像】日本COTYインポート賞受賞!プジョーのEV「e-208」をチェック(23枚)