限定65台! 現行ジュリエッタ最後の限定車「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」登場

FCAジャパンは、アルファ ロメオのプレミアムコンパクト「ジュリエッタ」に、数々の特別装備によりデザイン性とドライビングの楽しみが高められた限定車「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」を設定し、2021年2月20日より、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーで販売すると発表した。

現行ジュリエッタ最後の限定車

 FCAジャパンは、アルファ ロメオのプレミアムコンパクト「ジュリエッタ」に、限定車「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」を設定。2021年2月20日より、全国のアルファロメオ正規ディーラーにて65台限定で販売すると発表した。

アルファ ロメオ「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアー」アノダイズドブルーメタリック

 同限定車は、数々の特別装備によりデザイン性とドライビングの楽しみが高められたモデルだ。

 111年を迎えるブランドの歴史が反映された伝統的なデザインとハイパフォーマンス、そしてクラフトマンシップにより、長きにわたって愛されてきた現行ジュリエッタの販売が2021年いっぱいで終えることを受け、最後の限定車として登場することになる。

 ボディカラーは、昨年ジュリアに新色として導入されたばかりのアノダイズドブルーメタリック(限定20台)、エトナブラックメタリック(同20台)、ルナホワイトメタリック(同25台)の3色を設定。

 さらにアルファ ロメオを象徴する盾型グリルのフレームやミラーハウジング、サイドスカートはカーボン仕上げが施され、スポーティな雰囲気が強められた。

 また、フロントアンダーグリルやリアディフューザー、ブレーキキャリパーにはイエローのアクセントカラーがあしらわれ、全体のバランスを取りながら、造形を強調したスタイルに仕上げられている。

 ブラックを基調とするインテリアには、スポーツレザーステアリングホイールやシフトレバーブーツ、フロアマットにイエローのステッチを施すことで、エクステリアとのコーディネートを図ると共にクラフトマンシップが表現された。

 それらに加え、ドライビングの愉悦感を掻き立てるスポーツエキゾーストシステムを搭載し、最高出力240psを生み出す1750㏄ターボエンジンの加速をエモーショナルに演出する。

 独創的なデザインと感性に訴える走りの魅力が高められたジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレは、イタリア語で「特別」を意味するスペチアーレの名にふさわしい、唯一無二の1台に仕上げられており、価格(消費税込)は439万円となる。

Gallery:【画像】ジュリエッタ最後の限定車「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」を画像で見る(13枚)