29色のボディカラーから選べるアルピーヌA110 「アトリエ アルピーヌ」登場

アルピーヌは、アルピーヌ「A110」限定2モデル、およびパーソナライゼーションプログラム「アトリエ アルピーヌ」を発表した。

3モデルとも2020年内に日本に導入される予定

 アルピーヌは2020年3月3日、「A110リネージGT」「A110カラーエディション」、およびパーソナライゼーションプログラムの「アトリエ アルピーヌ」を発表した。

アルピーヌ「A110カラーエディション」。2020年年末までの期間限定モデル

「A110リネージGT」は、「A110リネージ」をベースに、内外装をエレガントに仕上げたモデルだ。

 ボディカラーはマーキュリーシルバー/ディープブラック/アビスブルーの3色で、ゴールドのホイールを装備。半透明のLEDテールライトは、ほかのA110とは異なるA110リネージGT特有のものになる。

 1.8リッターターボエンジンの出力は252馬力で、0−62mph(約100km/h)はわずか4.5秒。最高速度は156mph(約252km/h)というパフォーマンスを誇る。

 世界限定400台のモデルで、車両価格は6万9300ユーロ(日本円で約835万円)。A110リネージGTは、2020年春ごろに日本でも登場予定となる。

「A110カラーエディション」は、毎年実行される予定の新しいプログラム。毎回異なる特注の色で、年次ローテーションで期間限定で販売されるモデルとなる。

 2020年の「A110カラーエディション」は、「A110S」を基本とし、アルピーヌ過去モデルでは有名なジョン トゥルヌソル(イエロー)。このモデルは2020年年末までの間にのみ注文可能となり、その後はアルピーヌのカラーパレットから廃止される。

 A110Sベースのため、1.8リッターターボエンジンの出力は292馬力。0−62mph(約100km/h)は4.4秒、最高速度は162mph(約262km/h)となる。

 車両価格は7万1000ユーロ(日本円で約855万円)。日本では2020年夏頃に登場する予定だ。

※ ※ ※

「アトリエ アルピーヌ」は、新しいパーソナライゼーションプログラムで、29色のボディカラー、3種類のアルミホイール、4色のブレーキキャリパーペイントを自由に組み合わせてオーダーできるもの。29色のボディカラーはそれぞれ110台限定となる。

 グレーやオフホワイト、レッド/オレンジ/ブルー、さらにメタリックやソリッドまで、新色のボディカラーを用意。これらはディエップ工場の専用ゾーンで手作業で塗装される。さらにホイールはグロスホワイト/グロスブラック/ゴールドの3色、ブレーキキャリパーはライトグレー/レッド/イエロー/ゴールドの4色を組み合わせることが可能だ。

 日本導入は2020年秋頃を予定している。

Gallery:アルピーヌA110に3種類の限定車登場! 画像でチェック(20枚)