日本でも人気が出そう!? 右ハンドルのコンパクトSUV ルノー新型「キガー」登場

仏ルノーは2021年1月28日、インド市場向けのコンパクトSUV「KIGER(キガー)」を発表した。

全長4m未満のインド市場向け右ハンドルSUV

 仏ルノーは2021年1月28日、コンパクトSUV「KIGER(キガー)」を発表した。

ルノーのインド市場向けコンパクトSUV、新型「キガー」

 キガーは、ルノーのフランスとインドのデザイン部門の協力から生まれ、インドで設計された新型コンパクトSUVだ。当初はインド市場のみを対象にしていたが、第2段階として国際市場に投入された。

 キガーは全長3991mm×全幅1750mm×全高1600mm、ホイールベース2500mmというボディサイズで、都市型SUVに分類される。車両重量は1012kgで、荷室容量は通常時405リッター、最大879リッターを確保している。

 キャラクターラインが入ったボンネットやルーフラック付きのセミフローティングルーフなどが外観デザインの特徴で、19インチの大きなタイヤや210mmの最低地上高など、SUVらしい悪路走破性も持っているという。

 インテリアでは、BluetoothおよびWi-Fi接続を備えた、Apple CarPlayおよびAndroid Autoと互換性のある8インチ大型タッチスクリーンを搭載。またドライバーがさまざまな運転モードを選択できる「マルチセンス」も備えている。3Dサウンドオーディオシステムやガイダンスライン付きのリアビューカメラなど装備も充実している。

* * *

 世界で2番目に人口の多い国であるインドは、ここ数年、世界でもっとも成長著しい自動車市場のひとつ。インド市場では現在、およそ51%がBセグメント・コンパクトモデルで占められている。キガーもこのBセグメントに属するSUVとなるが、他の国の自動車市場と同様、近年SUVが着実に成長しているという。

 ルノーは2005年からインド市場に参入している。現在は「Kwid(クウィッド)」「Duster(ダスター)」「Triver(トライバー)」というインド専用のルノーモデルがあり、インド市場でのルノーは、欧州メーカーのなかではリーダーの地位を確立している。

 全長4m未満のコンパクトSUVであるキガーが日本に導入されれば、それなりに人気となりそうだが、日本への導入予定はないという。

Gallery:右ハンドルのコンパクトSUV ルノー「キガー」を画像でチェック(20枚)